プロデビューを目指す競輪学校生徒サイト

113回生114回生の耐久訓練が行われました。

2017/10/13

1012日、日本競輪学校を出発し約100kmのコースに挑戦しました。

コースは、学校を起点に西伊豆の土肥温泉にある松原公園まで一気に進み休息、そこから海岸沿いにを宇久須のクリスタルビーチに向かいここで昼食。休息後、海抜0mから一気に800m上がり牧場の家で休息し学校に戻るというものです。

 耐久訓練は単に長い距離を走行するというものではありません。競輪選手として交通ルールを順守しなければならないという事を再認識することです。

 特に公道における自転車マナーについて論議されている昨今、競輪選手は交通ルールを守り、自転車競技選手として社会に対し率先して自転車マナーをリードしていかなければならない存在でもあります。この機会に自転車マナーをしっかりと学び返し学校卒業後に社会に貢献する選手になってほしいですね。

 

さて、生徒たちは各班10生徒に分かれ、午前9時、女子1班を先頭に耐久訓練へと出発しました。

20171012-DSC_4848.jpg20171012-DSC_4860.jpg

20171012-DSC_4894.jpg
校長訓辞

20171012-DSC_4904.jpg20171012-DSC_4915.jpg
女子1班出発

20171012-DSC_4934.jpg20171012-DSC_4947.jpg
女子2班出発

まずは松原公園を目指します。414号線から136号線に入ってから舩原トンネルを抜けるまで登りが続き、そこからは一気に下りとなります。

20171012-DSC_5468.jpg20171012-DSC_5479.jpg20171012-DSC_5521.jpg

松原公園で休息。

交通量が多いのでここは1班を二つに分けて、交通の妨げにならないように配慮し走行。

20171012-DSC_5611.jpg20171012-DSC_5622.jpg20171012-DSC_5640.jpg20171012-DSC_5655.jpg
恋人岬を通過中

休憩後は、各班まとまって走行しクリスタルビーチに。

20171012-DSC_5823.jpg20171012-DSC_5837.jpg
クリスタルビーチで昼食。

 

昼食後はご覧の通りに!

20171012-DSC_5849.jpg20171012-DSC_5859.jpg20171012-DSC_5868.jpg20171012-DSC_5932.jpg
20171012-DSC_5944.jpg

20171012-DSC_5962.jpg20171012-DSC_5972.jpg
ん?

20171012-DSC_6044.jpg20171012-DSC_6061.jpg

そして、地獄がスタート。


20171012-DSC_6260.jpg
20171012-DSC_6266.jpg

20171012-DSC_6292.jpg
サーっと登っていく生徒もいれば
 

20171012-DSC_6574.jpg
止めていいですかと言い残して、登っていく生徒も…

20171012-DSC_6707.jpg20171012-DSC_6758.jpg牧場の家到着

しかし、苦しみの後には天国が待っていました!

20171012-DSC_6792.jpg20171012-DSC_6805.jpg

休息後、若干登り、このコースの最標高900mの仁科峠に到着。ここでオーバージャケット等を装着し学校に向かって一気に下ります。

20171012-DSC_6815.jpg20171012-DSC_6830.jpg20171012-DSC_6845.jpg20171012-DSC_6877.jpg20171012-DSC_6904.jpg20171012-DSC_6915.jpg20171012-DSC_6933.jpg
仁科峠を出発!

最後のきついところは学校!

100km走ってきて最後が思いっ切り登り坂。

20171012-DSC_7359.jpg20171012-DSC_7363.jpg20171012-DSC_7413.jpg20171012-DSC_7427.jpg

途中、チェーンが切れ走行不能なった生徒、蜂に刺された生徒も出てしまいましたが、無事クリアし学校に到着しました。

20171012-DSC_7689.jpg20171012-DSC_7695.jpg

耐久訓練後生徒コメント


橋本佳耶
kaya.JPG
「めちゃくちゃ疲れました。精一杯力を出し切りました。でも、登り切れてよかったです」

橋本蒔子
makiko.JPG
「私は最初の頃は、1000mTT123秒だったり、2000mTTは3分以上かかってしまっていたので、
100キロ走り切れるか心配していました。でも、班の皆さんの協力もあったり、自分でも効率のい
いペダリングをするようにして、乗り切れたと思うので、いい経験になりました」

豊岡英子
20171012_DSC3507.JPG
「久々に長い登りだったり、距離を乗りました。ロードの時はもっと乗っていたのもあり、そこまで
しんどくはなかったですね()。頂上でソフトクリーム食べたり、 楽しかったです」