プロデビューを目指す競輪学校生徒サイト

114回生第2回記録会 初日レポート

2017/09/12

9月11日(月)、12日(火)の2日間に渡り、114回生の第2回記録会が行われました。

初日は200mFD、400mFD、1000mTTの3種目を測定。

日野未来生徒や柳原真緒生徒など上位常連組の安定した走りに加え、野本怜菜生徒や寺井えりか生徒などこれまでより大きくタイムを伸ばしてきた生徒たちの躍進も目を引きました。

なお、前回の第1回記録会でゴールデンキャップを手にした日野生徒は、400mのタイムが惜しくもクリアできず、連続でのゴールデンキャップ獲得はなりませんでした。

 

■200mフライングダッシュ

20170911_1.JPG
1位 日野未来 12秒40

20170911_2.JPG
2位 柳原真緒 12秒46

20170911_3.JPG
3位 佐藤水菜 12秒50

 

■400mフライングダッシュ

20170911_4.JPG
1位 野本怜菜 25秒22

 

20170911_5.JPG
2位 比嘉真梨代 25秒55

 

20170911_6.JPG
3位 日野未来 25秒67

 

■1000mタイムトライアル

20170911_7.JPG
1位 寺井えりか 1分15秒94

20170911_8.JPG
2位 渡口まりあ 1分16秒11

 

20170911_9.JPG
3位 日野未来 1分16秒24

 

★生徒コメント

20170911_10.JPG
日野未来生徒

「今日は一応、3種目全部で3位以内には入れたんですけど、タイム的にはすごく悪いものだったし、本番で力を出せなかったので、ちょっとショックというか、実力不足だなと感じました。練習とかでは調子も良くて、ギアを掛けたりして練習しているので、今回の記録会は前回とギアを変えて挑戦したんですけど、それが思ったより踏みきれていなかったというか。あとはもうバンクのコンディションとか、風とかもあったので、気持ちで負けてしまったかなというところがありました。(前回はゴールデンキャップを獲得したが)今回は400mがコンマ数秒足りなくてダメでした。明日の2000mは白帽のタイムはたぶん出せると思うので、前回よりはいいタイムを出しにいきたいと思います」

 

20170911_11.JPG
野本怜菜生徒

「400mは前回より2秒くらい上がったので、自分が一番びっくりしています(笑)。200mも前回は13秒4くらいだったので、結構上がりました。今までは座ってからのもがきがすごく苦手だったので、夏帰省ではシッティングでもがく練習をしていました。目標としていた白帽の記録は今のところ取れているので、明日の2000mでも頑張って2分50秒を切って、白帽を狙っていきたいと思います」

 

20170911_12.JPG
寺井えりか生徒

「1000mは自己ベストが出ました。去年は1分16秒95くらい出ていたんですけど、それから全然出なかったので、ここで出せて良かったです。(200m、400mは)学校に来てから乗り込みが多かったのでダッシュ力がちょっと落ちたんですけど、それでも前回、前々回に比べればちょっとずつは上がって来ているので、また冬に向けて上げていけたらなと思います。今回は1周1周のタイムがそんなに落ちずに、ほぼ一定のペースで走れるようになっているので、明日の2000mでも同じように走れればいいかなと思います」