プロデビューを目指す競輪学校生徒サイト

114回生の登坂トーナメントが行われました

2017/08/02

8月1日、114回生の登坂トーナメントが行われました。

登坂トーナメントは、3生徒が一組で行われ、予選1、予選2の上位9名が、準決勝進出します。その準決勝を1着で勝った生徒が決勝に進出となっています。

この登坂は、ダッシュとパワーがないと短時間で走路を登れません。ここで優勝している生徒はデビューしてから活躍することが多いので、覚えておいて損はないですよ。

 

20170801_1.JPG
ウォーミングアップ

20170801_2.JPG
準決勝1、1着の那須萌美生徒

20170801_3.JPG
準決勝2、1着の比嘉真梨代生徒

20170801_4.JPG
準決勝3、柳原真緒生徒

20170801_5.JPG
決勝戦は生徒たちも応援する

20170801_6.JPG
決勝、柳原生徒のスタートダッシュが決まる

20170801_7.JPG
決勝、1番車・柳原、3番車・比嘉、2番車・那須


20170801_8.JPG
胴上げ

20170801_9.JPG
仲良くガッツポーズ


優勝の柳原真緒
20170801_10.JPG
「今の気持ちは単純に嬉しいです! 今回は自分のダッシュ力を活かして走ろうと思いました。夏帰省は、合宿に参加して、師匠と練習させてもらいます。それから夏帰省の終わりに都道府県大会があるので、そちらも頑張ります。第2回記録会でゴールデンキャップ、それと学校記録を出すことを目標に頑張ります!」

2位の比嘉真梨代
20170801_11.JPG
「優勝を目指していたので真緒ちゃんに負けて悔しいです。でも、練習も一緒にして、切磋琢磨している真緒ちゃんが優勝してくれたのはよかったと思います。次は頑張ります! 夏帰省は沖縄の暑い日ざしを浴びて練習してきます。帰省後にすぐ第2回記録会もありますし、自分のダッシュ系を活かして頑張りたいと思います」

3位の那須萌美
20170801_12.JPG
「優勝を狙っていたので、すごい悔しいですけど、3位に入れたことはよかったかなと思います。夏帰省は練習をしっかり頑張ってきたいですね。第2回記録会では白帽を狙っていくことと、競走訓練も始まりますし、しっかり競走出来る状態にして、学校に戻ってきたいと思います」