プロデビューを目指す競輪学校生徒サイト

生徒インタビューレポート 太田 美穂(112期)

2017/03/07

太田美穂生徒

思い切ってガールズケイリンを目指してみようと思いました

─どのようにしてガールズケイリンを知りました?
「私はずっと陸上競技をしていて、小学校の6年生くらいからずっとお世話になっている、いきつけの整体の先生に『ガールズケイリンをやってみないか?』と誘われたのがきっかけで、それで初めて松阪競輪場にガールズケイリンのレースを見に行って、初めて知りました」

─そこから選手を目指そうと思ったのはいつ頃?
「すぐでした。大学進学が決まっていたんですけど、レースを見て惹かれて。最初は自分にできるのかなとすごく不安だったんですけど、ちょうど陸上競技を続けていこうか迷っていたんです。教員になりたいという夢があったので、陸上競技を続けていた方が選考には有利だと言われて、気持ちがないまま陸上競技をしようとしていたんですけど、自分の中でそれでは競技には勝てないと思ったので、思い切ってガールズケイリンをしてみようと思いました」

─そこからトントン拍子に?
「いや、そうでもなくて、大学が高校の学校推薦で入学したので、大学はやめられなくて、大学に通いながら土日だけで練習していたんですけど、そんなに甘い世界ではないと思ったので、夏休みはびっしり毎日一日中乗っていました」

─大学はどちらですか。
「岐阜経済大学っていう、竹内雄作さんの後輩になるんです。一応陸上部もちょっと入っていたので、竹内さんともそれで面識があって。あと小坂(知子)さんとも陸上繋がりで親しくしています」

─自転車歴は?
「適性の子たちとそんなに変わらないくらいしか乗ってなくて、入学して今に至ります」

─師匠は?
「萩原操さんです。ずっとお世話になっています。年代的にもお父さんって感じがして、やっぱりすごく自分に合った練習とか、ガールズの選手を見るのが初めてなのでいろいろ周りから聞いてきてくれて、なんでもしてくれて、ここまで伸ばしてもらいました」

─師匠から学校中のアドバイスはありましたか?
「しっかり練習もできていてタイムは伸びてきているんですけど、競走訓練でなかなか先行とかできてないんです。そうしたら、冬帰省の時に、『学校中は先行して、卒業したらいいんじゃないかと』いうアドバイスをもらって、ギア倍数も全部計算して考えてくれて、なので、それでいこうと思っています」

─競走訓練はどのようでしょう?
「まだ自分の戦法が決まっていないのと、先行する脚は自分でもあると思うんですけど、勇気が出なくて人の後ろで自分らしくない走りが続いていて、不満ですし、でもやっぱり勇気が出ないっていうのがあって...。でも、冬帰省で師匠からそうやってアドバイスをもらったので、頑張っていこうと思っています」

─脚力的には地脚、ダッシュどちらですか?
「ダッシュがあるって言われ続けていたんですけど、最近、地脚があるなって自分でも感じていて、逆にダッシュはあまりないかなって思い始めています。座ってからがちょっと落ちてしまうっていうのが最近の傾向なんで、座ってからが勝負だし課題かなと思っています」

─競輪学校生活はどうですか。
「自分は規則が守れなくて、たくさんの人に迷惑をかけて...。自分で自覚をもって生活をしていかないといけないって思っているし、迷惑をかけた分、信頼も失って、今は自分の行動でしっかり認めてもらえるように頑張っているんですけど。学校生活はすごく大変ですけど、充実した一年になっていると思います」

太田美穂生徒

ここで鍛えて、頑張っていきたいと思います

─卒業したらやりたいことはありますか?
「冬帰省中に帰って友達とあったりしたんですけど、やっぱり親とはあんまり話せなくて、親ともっとコミュニケーションをとりたいなと思います。それと、師匠も優しいし、ちょっとでもいいところを見せたいですね」

─松阪はガールズ選手が他にいませんが、練習環境的にはどうですか。
「兄弟子もたくさんいるし、師匠もちゃんと考えてくれます。練習ですごく千切られたりして、自分の練習になるのかなってすごく不安になるときもあるんですけどね(苦笑)。でも、兄弟子も自分のことを考えてくれて、ちゃんと練習になるように朝から組んでくれて、ダッシュもそれでついてくるようになったので、これからも松阪で頑張っていきたいと思います」

─デビューしたらどんな選手になりたいですか?
「まだ戦法っていうのは決まっていないんですけど、とりあえず自分のレースを見て周りが笑顔になれる、いいレースをしていきたいと思います」

─先輩たちと一緒に走るイメージはもうできていますか?
「そうですね、まぁレースを見てやっぱり先輩回生は強いなって思っているし、これが今年の7月で自分もこの中に混じって走ると思ったらすごく不安になるんですけど、あと3ヶ月もないし、ここで鍛えてビビらないように頑張りたいと思います(笑)」

─目標としている選手は?
「初めて見に行ったときに一番自分の印象に残ったのが山原さくらさんなんです。いつもレースも見ているし、今回のガールズグランプリも出場を決めてそれだけでも、すごいなと思うので、少しでも追いつきたいと思います」

─ファンの方にメッセージを。
「松阪所属予定の太田美穂です。松阪はガールズが初めてなので、ユーチューブとかでも取り上げられていて、やっぱりすごくプレッシャーもありますが、思い切ってレースをしていこうと思っています。応援よろしくお願いします」

太田美穂生徒