プロデビューを目指す競輪学校生徒サイト

生徒インタビューレポート 小林 彩乃(112期)

2017/03/13

小林彩乃生徒

だんだんと自分の目標とかも決まってきて、充実しています

─ガールズケイリン選手になろう思ったポイントはどこだったのでしょうか。
「自転車競技を高校の時にしていて、その中でバンクに乗ることが好きで、それを職業にしたいと思って始めました」

─今までのスポーツ歴を教えてください?
「自転車が高校3年で、その前は中学で新体操を3年間やっていました」

─高校で自転車部に入ろうと思ったのは?
「中学3年生の時に、父が趣味でロードに乗っていたんですけど、それを見てかっこいいなと思ったのがきっかけです」

─自転車部はどうでしたか。
「やっぱり男子ばっかりなので練習はきつかったですけど、でも大会とかで女子同士で話したりするんで面白かったです」

─今の競輪学校の生活はどうですか。
「前半は慣れるまではきつかったんですけど、だんだんと自分の目標とかも決まってきたりして、充実しているので楽しいです」

─その中でも一番楽しい時間はどのような時ですか?
「うーん、練習中に思い通りに走れた時は楽しいですね」

─反対に苦しいこと、苦しかったことはありますか?
「やっぱり夏帰省前の乗り込み時期がきつかったです(笑)」

─競走訓練のほうはどうですか。
「いやあ、まだ自分の思うような走りができていないですね。結局勝ちにこだわってしまうとマークばっかりになってしまうので。もう少し、残りの競走訓練は動けるようにしていきたいと思います」

─自分ではどのように走りたいと思います?
「自分から動きたいなって思うんですけど、ついつい勝ちにこだわるとマークしかできなくて」

─勝ちに行った時の位置取りなどは思い通りに?
「はい、行っていますね」

─レースは今までの競技経験を生かした競走をしようと?
「生かしていきたいですね。やっぱり自転車競技をやっていたので、やっていない人たちと比べれば、少しはそういうレース展開は読めるかなという気はします」

─今までの学校生活で一番印象に残っている思い出は?
「高校の時にロードレースとかが苦手だったんですけど、ここにきてロードレース大会で最初から自ら動いて4位に入ったのが印象に残っています。みんなにびっくりされました(笑)。乗り込みがよかったんですね(笑)」

─乗り込みは1日どのくらいの距離を?
「多くて100kmですね。本当にきつかったです」

小林彩乃生徒

パワーをつけてダッシュ力をつけたいと思います

─デビューしたらどんな選手になりたいですか。
「自分の持ち味である笑顔を大切にして、あとは自ら動いて着内に入って決勝には乗りたいです」

─目標は?
「デビュー戦で決勝に乗りたいですね。で、そのあとは着内に入れるように頑張りたいです」

─師匠はもう決まりました?
「はい。櫻井学さんです」

─櫻井選手に弟子入りしたきっかけは?
「高校で自転車の県の大会とかやっている時にちょこちょこ見にきてくれていたんですよ。で、色々と声をかけてくれて、それで櫻井さんにお願いしようかなと思いました。このあいだの冬帰省の時に決めました」

─もうすぐ卒業ですが、卒業したらしたいことはありますか。
「お出掛けしたいですね(笑)」

─学校での休みの日はどんなふうに過ごしていた?
「部屋で本読んだりしています。でも外出は結構している方だと思います。一番遠くて三島ですね。必要なものを買ったり、ここでは食べられないものを食べたりしています(笑)。好きな食べ物はいちごが好きです。でも、学校では出ないですね。実はここに入って来る前はアレルギーがあって、果物はほとんと食べられなかったんですよ。柑橘類とバナナくらいしか食べられなくて。それで、競輪学校に入学するにあたってアレルギーの検査をしたら、平気になっていて、食べられるようになっていたんです。2歳くらいから食べてなかったので、それで食べてみたら、いちごが一番美味しかったんです(笑)」

─卒業したら練習は櫻井選手と一緒に練習ですか?
「はい、そうですね。ドームです。遠峯(加奈)さんもいるんで、空いている日は一緒に練習したいと思います」

─課題とかは?
「やっぱりダッシュがないんで、パワーをつけてダッシュ力をつけたいと思います。持久系はまあ大丈夫だと思うんで(笑)」

─学校のご飯の量は平気だった?
「はい、大丈夫でした。練習があるんで、結構食べちゃうんですよ」

─体は大きくなった?
「はい、なりました。夏帰省で帰ってきた時に比べると、皆に冬帰省入る前には『大きくなったね』って言われましたね。でも先生にはもう中距離は走れなくなるって言われました。団抜きとかやっていたので、それは厳しくなるねって言われたんですけど、鈴木奈央さんとかも走れているので自分も頑張りたいなと思います(笑)」

─競技のほうは続ける予定?
「はい、続けたいなと思います。国体もやっと女子が入ったんで。今年もスクラッチで7位だったので、来年こそは優勝したいですね、競技の方でも頑張りたいです」

─国体はどうでしたか?
「やっぱり高校生だけじゃなくてエリートの方達もいるので、レベルが全然違うので。でも面白かったですね。もう上野(みなみ)さんとかいるだけで全然違いました。ペースも違いますし、自分も頑張りたいですね」

─趣味は?
「趣味はなんだろう、自分はアウトドアなんで、外出するのが好きなんですけど、とにかく外にいたいですね。だから、競輪は合っているなって感じですね(笑)。いろんなところに行けるじゃないですか。いろんなところに出かけられるんで!」

─目標としている選手はいますか。
「やっぱり鈴木奈央さんは目標ですね。競技も両立しているんで。しかもやっぱり競輪と中距離って、脚というか、全然違うじゃないですか。その中でも活躍できているんで、すごく尊敬します。すごいですね」

─櫻井選手からなにかアドバイスは?
「とりあえずは、もう卒業してこいと(笑)。あとはやっぱりグランプリを目指すような選手になってほしいっていうのを言われたので、あとは競技も続けるだろうし、そっちの方も頑張ってほしいみたいな感じで言われました。櫻井さんも初弟子みたいなので、期待に応えられるように頑張りたいですね」

─ファンの方にメッセージをどうぞ。
「ファンのみなさまの期待に応えられるように一生懸命頑張りますので、応援よろしくお願いします」

小林彩乃生徒