プロデビューを目指す競輪学校生徒サイト

生徒インタビューレポート 高橋 知里(112期)

2017/02/13

高橋知里生徒

プロスポーツ選手への憧れがあり、挑戦してみようと思いました

-まずガールズケイリンを知ったきっかけは何でしたか?
「たまたま知人が自転車に乗っていて、それで、自転車に乗る機会を与えてもらって、その方からガールズケイリンがあるよという情報を教えてもらいました」

-選手になろうと思ったのはいつからでしたか?
「以前はプロゴルファーを目指していたこともあって、プロスポーツ選手への憧れがあり、挑戦してみようと思ったんです」

-仕事をされている時に?
「そうですね」

-思い切りましたね。
「そうですね、この年齢になると、だいぶ覚悟はいりました」

-それまでのお仕事は?
「ゴルフ場で働いていました」

-ゴルフをやっていて、自転車に役に立っていることはある? 集中力とか?
「そうですね、どちらとも集中力は必要な部分ですが...」

-種目的に全く違ますからね。
「はい、全然、全く違います。なので、最初は、年齢的に『やろう』という時には覚悟はいりましたけど、好奇心旺盛な性格というのもあり、幼少の頃から身体を動かすことが好きで、プロスポーツ選手への憧れもあったので、また、学校の受験に対しても年齢制限がないというのもあって、受験しようと思いました。
ですが、やはり、そう簡単にはいかないもので、(受験する前は)練習しても、練習してもタイムが伸びなかったという時期がありまして、冬を越して、暖かくなってからタイムを計っても全く伸びなかったということがあったんですよ。その時に、たまたま家の近くのスポーツクラブで貧血検査というのがあったんです。こう指を突っ込んで、計るんですけど、その結果を見て『すぐに病院に行って!』って言われました。自覚症状がなかったので、貧血ってわからなかったんですよ(苦笑)。なんかしんどいなーっていうのはあったんですけど、年齢のせいかなって思って、いや、年齢のせいにもしちゃだめなんですけど、まさか貧血っていう感じで。今まで貧血とかもなかったので、そういう風に思わなかったんです。それで、すぐに病院に行って、内科で検査したらヘモグロビンがすごく低くて、6くらい(正常値12以上)しかなかったんです!
いやー、私は(自転車に)向いてないんかとか思ったこともあって。それで、すぐに鉄分を処方してもらって、その後1週間後くらいに1000mTTのタイムを計ったら6秒くらい縮まったんですよ(笑)。それまで酸素が足りてなかったみたいで(笑)。周回も後半千切れていたんですけど、すぐについていけるようになって、そこからすぐにわっとタイムも上がるようになったんですよ」

-それはいつ?
「貧血は最初の冬ですかね、忘れましたけど、息も苦しい、身体もしんどかったですよ。でも、練習はしんどいものだから、そういうものだと思っていたんです。そうしたらド貧血でした(笑)。そこからは鉄分の多い食事を取って、もう勉強になりました!
今は大丈夫ですし、血の検査も定期的にするようになりました(笑)」

-6秒縮めた時は嬉しかったでしょ。
「はい。周りの選手からも『えっ、なんで!』ってびっくりされて、『貧血だったみたいで、今、薬を飲んでいます』って言ったら、『そうなん』『はい、自分でも貧血ってわからなかったんで』って(笑)。6秒って大きいですからね」

高橋知里生徒

プロスポーツ選手のデビューにしたら私は遅いスタートですが頑張りたいと思います

-競輪学校生活はいかがですか?
「最初はやっぱり、時間に拘束されるし、大変でしたけど、今は慣れてきました」

-よく先輩たちがつらいと言っている乗り込み期は大丈夫でしたか? 「ガールズの選手の方からも乗り込みは大変だということは聞いていたので、覚悟は出来ていました」

-印象にある思い出は?
「まず行動訓練で上位を取れたということですね。初めは行動訓練にちょっとびっくりしました(笑)。今までにこういうことしたことのない経験だったので、驚きました」

-では、競走訓練はいかがですか?
「脚力不足というのもあって、瞬時の判断がまだ出来ていないかなと思います」

-戦法は?
「マークですね。やっぱり出だしがついていかないと、それが一番大事なので、出だしについていくことと、ダッシュ力の強化ですね」

-スタートは得意?
「スタートも、内枠だと行きやすいのですが、外枠だとやっぱり後ろの方になってしまいます」

-位置取り大事ですからね。
「そうですね、ガールズケイリンでは位置取りが大事なのはわかるので、集中しています」

-卒業したらどんな選手になりたいですか?
「プロスポーツ選手としたら、私は遅いスタートなので、自分が納得いくまでガールズケイリンが出来るようにしたいです」

-デビューした先輩たちと走るのは。不安とワクワクどっちが大きい?
「やっぱりワクワクしている方が大きいです。実際、今は112回生だけでしか競走をしたことがないので、頑張りたいと思います」

-卒業したらしたいことは?
「自転車を初めてから、趣味としてゴルフをしていないので、時間とお金の余裕が出来たらゴルフをしたいと思います」

-趣味は?
「旅行も好きです。海外旅行も好きですね」

-旅行といえば、選手になったら日本中行きますからね。
「そうですね、全国に行けるので、はい、楽しみですね」

-ファンにメッセージをお願いします。
「デビュー戦では、決勝戦に乗れるように頑張りますので、応援よろしくお願いします!」

高橋知里生徒