プロデビューを目指す競輪学校生徒サイト

112回生 展示訓練 レポート

2017/01/30

1月25日から26日、27日、31日に男子111回生、女子112回生の展示訓練が伊東温泉競輪場で行われています。

展示訓練とは、競輪学校生が競輪場でお客様の前で実際に走る訓練のことを指します。

プロ選手として、競輪場でレースに臨むにあたり、どのような手続きが行われ、レースを走るのかを体験するためのものです。

今回は27日に行われた112回生の展示訓練を取材してきました。

 

競輪学校からお昼前に伊東温泉競輪場に到着し、自転車を検車場に運び込み、検車を受け、指定練習、レースという流れの一連を体験します。

取材した日は、いわき平記念競輪の場外車券場となっており、お客様が多数来場されていて、その前でレースを行いました。

20170127_1.JPG
伊東温泉競輪場に到着し、ピストレーサーを下ろす。

20170127_2.JPG
レーサーを整備。

20170127_3.JPG20170127_5.JPG20170127_6.JPG20170127_7.JPG

 

20170127_8.JPG
レース前の点検

20170127_9.JPG
レース前に諸注意を受ける。

 

また、当日は伊東温泉競輪場ではナイター競輪が行われていて、数人の生徒の地元地区の先輩選手が出場しており、しっかりと挨拶をしていました。

 

競輪学校生には、展示訓練を通して、他の選手と一緒に走る場合のマナーをきちんと学んで、プロ選手として頑張って欲しいですね。

 

また、1月31日は112回生だけの展示訓練が同じく伊東温泉競輪場で行われます。

だいたい15時過ぎに行われますので、ご覧になりたい方は是非どうぞ。

 

 

展示訓練レース

出場生徒

1番 鈴木美教

2番 坂口楓華

3番 大久保花梨

4番 加藤 恵

5番 中西叶美

6番 太田美穂

7番 吉村早耶香

20170127_10.JPG
周回中

20170127_11.JPG
残り2周半過ぎ。

20170127_12.JPG
残り2周過ぎ1コーナー。最後方の加藤が動く。

20170127_13.JPG
打鐘

20170127_14.JPG
残り1周前4コーナー。先行する吉村生徒

20170127_15.JPG
残り1周

20170127_16.JPG
最終4コーナー

20170127_17.JPG
追い込んだ大久保生徒が1着

20170127_18.JPG
引き上げる前に敢闘門で「ありがとうございました!」

 

レース展開

加藤恵が先に仕掛けたが、それを吉村早耶香が叩いた。大久保花梨が捲って1着。2着に吉村。3着に鈴木が入った。

20170127_19.JPG
レース終了後、すぐにベダルを外し帰校の準備。

20170127_20.JPG20170127_21.JPG20170127_22.JPG20170127_23.JPG20170127_24.JPG

 

1着・大久保花梨

20170127_25.JPG

「前々に動きたかったので、スタートは取ろうと思っていました。吉村の踏み出しが思っていた以上によくて、少し車間が空いちゃって、ちょっと焦りましたが、すぐに落ち着いて、自分のペースにもっていけたのでよかったです。今後もトーナメントや卒業記念レースもありますが、しっかり自力を出して勝ちたいと思います」

 

2着・吉村早耶香

20170127_26.JPG

「自分のしたい先行は出来たけど、風が強くて、4コーナーからの粘りが足りなかったです。もっと踏み出しからのトップスピードを維持できるようにしていきたいです」

 

3着・鈴木美教

20170127_27.JPG

「今日は悔しいのひと言です。スタートを取りたかったけど、自分より実力のある大久保に前を取られてしまいました。なので、打鐘でついていこうと思ったけど、そこで離れてしまったので、それが課題かなと思います。まだまだ実力不足なのでしっかり力をつけていきたいです。それと1月31日にも展示訓練があるので、またお客様の前でいい走りが出来るように頑張りたいです」