プロデビューを目指す競輪学校生徒サイト

生徒インタビューレポート 土屋 珠里(110期)

2016/03/31

土屋珠里生徒

競輪学校の特集を父と見ていたのがきっかけでした

「テレビ番組でガールズケイリンを見たことがきっかけでした。競輪学校の特集みたいな感じで、生徒が乗っているところとかを見ました。父と一緒に見ていて、父にも『いいんじゃないか』みたいなことを言われて、その後に色々と父と一緒にインターネットとかで調べて、だんだん興味を持つようになりました。それまでは、ずっと周りのみんなは大学受験で、自分も大学受験するつもりで考えていたんですけど、ガールズサマーキャンプがあるのを父から聞いて、そこでやってみたいなと思って、大学の願書とガールズサマーキャンプがかぶっていたので、ガールズサマーキャンプに参加する時には、もう入ることを決めて参加しました。参加した時は、もうやるって決めていたけど、やっぱり、やってみて楽しいなとか思って、さらにやろうと思いました」
土屋珠里はこうしてガールズケイリンを知り、目指そうと決めたそうだ。

しかし、ガールズサマーキャンプから試験までの期間が短かったが大丈夫だったのだろうか。
「はい、短かったですね。すぐに宇都宮競輪に電話して、弟の野球の先生の関係で師匠(宮原貴之)もすぐに見つかって、学校帰りに師匠につきっきりで面倒みてもらいました。どういう世界かっていうのもあまりわからなかったので、なんかすごいところに飛び込んで、けっこう勇気が要りました」

土屋珠里生徒

力を出し切る先行は、自分に合っていると思います

「最初は、寮生活に不安はあったんですけど、でもやっぱり競輪選手になりたいと思ったので、やるしかないと思いました(笑)。
こういう経験はしたことがなかったんですけど、色んな年の人や性格の人と関われて、いろんな意見も聞けるし、いろんな考え方も聞けて、すごい110回生はみんな仲いいんで、楽しいですね。辛いことがあっても、周りに励まされることもけっこうあって、みんなアドバイスとかも、ライバルではあるけれど自転車の話とかもいろいろ話せるのですごい楽しいです。本当に恵まれていると思います」
初めての寮生活への不安は同期の仲間のおかげで楽しいものに変わったそうだ。

競走訓練では、どんなことを心がけていたのだろうか。
「今まで、水泳とかもやってたんですけど陸上も一人だし、ずっと個人競技しかやったことがなくて、チームプレーというか他の人と走ったことがなかったんです。一人で走るのは結構タイムとかも出て、自分でも得意かなと思うんですけど、やっぱり人と走るとなると、一人とはまた違って、戦法とかタイミングとか、人がどう動くかとかそういうのを考えていかないといけないので、そういうところがやっぱり技術不足とか経験不足とかがけっこう目立って、なかなか思い通りにいかないことも多いです」

学校では徹底先行で通し、記録会で1位を取るなど、タイムも伸びた。
「でも全然まだまだです。記録会で1位とか取れたときも、まだやっぱり自信が、経験も足りないっていうのもあるかもしれないんですけど、良かったときもあんまり自信が持てなくて...。先生とかにも『プライドをもて、自信をもって走れ』って言われるんですけど...。捲りも試してみようと思って、後ろにいたこともあったんですけど、やっぱり前で走ったほうが自分の力が全部出せるし、終わったあとに気持ちいいので、捲りが下手っていうのもあるんですけど、先行をした時の方が負けても納得というか、自分に合っていると思います。
脚質は地脚だと思います。師匠にも相談すると、『捲りとかそういうのは出てきてから教えるから、とりあえず学校は先行主体で脚をつけてこい』って言われました。たまに、このまま先行ばっかりしていると、捲りとかできないんじゃないかって思うときもあるんですけど、でも学校にいる間に先行で力をつけていきたいと思います!」
レースのシミュレーションとかが好きなほう?
「ああー、そういうのが出来ないんですよね(苦笑)。内外線間をただ自分の走路だと思ってがむしゃらに走ったときのほうが全力で走れるんですけど、ちょっと外とか行って捲りってなると、タイミングも下手だし力が全力で出せないっていうのがあります。先行の方がやっぱり着も、考えてふわふわ後ろでしているときより、一人で前に出て走っているときのほうが良かったりします。練習では一番後方からっていう練習もあるんで、やっぱりそういうときは苦手だなと感じました。でも、前に出たらここで踏むとか、先行でも考えて走るようにしています。最初はただ全力で駆けていたんですけど、それだとやっぱり苦しいので、どこで踏むとか、人がきたら合わせようとかそういうのは考えてやっています」

土屋に自分の長所と短所をあげてもらった。
「長所は負けず嫌いっていうところもあるし、あと、人からこういうのがいいんじゃないかってアドバイスをもらったら、それを全部聞いて一回試すようにしています。
短所は...自信がもてないところ(笑)。やっぱり気持ちとかもスポーツ選手としてやっていくには、周りの人とか見ていても足りていないところは多いかなと思います。負けず嫌いなところをもっと出していけるようにしたいです(笑)。自信が持てないのは、やっぱり周りに強い人も身近にたくさんいて、たまたま記録会とかで自分が力を発揮できて勝ったりはできても、普段の練習とかで簡単に捲られたり、ついていけなかったりするからですね...」
それでも自分の力を出し切りたいと前へ、前へ踏んでいく負けず嫌いな性格は確かに先行に向いているかもしれない。

土屋珠里生徒

自分も大きな舞台に立って、走れるように頑張りたいですね

「先行で戦っていきたいっていうのはあります。あとはやっぱりお客さんを魅了して、楽しんでもらえるような、競輪を盛り上げられるようなレースをしたいっていうふうに思っています」
デビューに向け、目標を聞くとそう答えてくれた。

憧れは栃木の先輩たちだそうだ。
「栃木には4人女子選手がいて、いろんな人と関わってやっぱりすごいなと思います。梶田舞さんはやっぱりガールズグランプリも獲って、他の選手もびっくりするくらい練習量もすごいですね。一番近くにそういうガールズグランプリとか獲っている選手がいるので練習量とかいろんなことを見習って、追いつけ追い越せで頑張りたいなと思います。ガールズグランプリを見ていましたが、やっぱり格好いいですね。自分もあの舞台に立って、走りたいなと思います」

そして、強くなるにはライバルも必要だが、土屋にとってライバルは?
「やっぱり陸上でも決勝に乗るメンバーは大体決まっていて、やっぱりライバルがいると負けられないとかそういうのはありますね。
(同期は)勝ったり負けたりがあるんですけど、やっぱり負けたくないという気持ちは強くなったと思います。練習とかでも、朝練も行かなきゃって思うし、人がやっていたら自分もそれよりやらなきゃっていう気持ちになっています」

「まだまだ経験不足とかそういうところもありますが、これから皆様に楽しんでもらえるようなレースをできるように精一杯頑張っていきたいと思うので、よろしくお願いします」
卒業記念レースを優勝し、その強さの片鱗をまずファンに見せた土屋。彼女の止まることの知らない成長ぶりにデビューが待ち遠しい!

土屋珠里生徒