プロデビューを目指す競輪学校生徒サイト

生徒インタビューレポート 蓑田 真璃(110期)

2016/03/24

蓑田真璃生徒

先輩が背中を押してくれたのがガールズケイリンを目指したきっかけです

「小学校がサッカーで、中学、高校でバレーボールをやって、大学に入ってトライアスロンを始めました。アクティブに活動するのが好きなんで(笑)」
という蓑田真璃がガールズケイリンの扉を開くきっかけは、大学生の時だった。
「大学のトライアスロン部の先輩がガールズケイリンを知っていて、自分が自転車が得意だったので、やってみないかという事で背中を押してくれたのがきっかけです」

思い立ったが吉日、すぐに千葉競輪場へ
「最初、トライアスロンの先輩にやってみないかと言われたときには、『へっ!?』という感じで、ちょっと戸惑ったんですけど、いざ自分の進路を考えるようになった時に、『やってみたいな』という気持ちが芽生えて、決断したらすぐに選手会の方に電話して、愛好会に参加させてもらったのが始まりでした。結構、思い切っちゃうと思いっ切りますね(笑)」

いきなりガールズケイリンを目指したいという娘に、最初は両親も難色を示した。
「最初は反対されました。大学でも教員免許を取得して、先生になる予定だったんですけど、なぜか、体を動かすということが趣味だからかな、それを活かす職業という事で、ガールズケイリンに向いたんだと自分で思います。
もう親には言うしかないと思って、自分の気持ちに嘘はつけないから、まっすぐやりたいという事を言いました。そしたら『好きにやってみたらいいじゃない』という感じで。でも、母に『お母さんの気持ちが休まる時がない』って言われて、多分心配だからそういう事を言われたんだと思います。今も心配していると思いますけど、強くなって、心配させないようなレースを出来るようにしたいです。
両親もガールズケイリンに悪い印象は抱いていなくて、すごく興味津々でした。最初は反対していたんですけど、父がパソコンで調べ始めて、逆にははまり込んで、何秒だしたら強い選手だって把握し始めて、逆に父の方が情報もっていたりして(笑)。今は凄く応援してくれています」

蓑田真璃生徒

先行して、すごく力強い選手になっていきたいですね

「学校生活は、規則、規則という感じで結構縛られる部分があるんですけど、それがやっぱり選手になってからも、活かしていかないといけない部分、守らなくてはいけない部分だと思うので、そういう部分はしっかり学びながら学校生活は送っていかなくてはいけないなって思います」
という蓑田にとって、思い出に残っている行事は?
「うーん、耐久訓練が一番きつかったですね。予想以上に凄い坂道を登ったので途中でもう心が折れそうになりました(笑)。途中止まりそうでした。登坂訓練もけっこう苦手な方なので、耐久訓練は登り切れるのかという不安があったんですけど無事に登り切れたので良かったです」

競走訓練で一番心がけていることは
「目標である先行という部分では、まだまだ完璧には出来ていないと思うけど、積極的に前には出るようにという意識でおこなえていると思います。
やっぱり先行したいですね!
目標の選手は奥井迪選手です。先行してすごく力強い選手なので、そういう選手になりたいと思っています。それには先行して力をつけるしかないですね」

今の課題は?
「今の課題はダッシュ力なので、上半身をメインに鍛えていこうと思って、体育館にある綱登りをやったり、いつも師匠とやっていた階段のトレーニングとかを、1週間の中に入れてトレーニングしています。
学校にある階段は長いので、半分の距離を使って短いダッシュをやって自分の苦手なところをメインにやっています」
「自主練習は、階段とかあとパワーマックスでダッシュの練習を入れてやったりとか、教官には『お前は距離じゃなくて、スタートが必要だ』と言われたので、スタートダッシュがもっと強くなれば、もっと戦えると言われているので、しっかり力を付けて卒業したいです」
先輩選手の中にはトライアスロン出身の選手も多くいる。
「その中でも、自分はダッシュ力がゼロに等しい一人なので(苦笑)、とにかくどうにかしないと勝てないと思うので、危機感をもってやっています」

蓑田真璃生徒

力強い、粘り強いレースを出来るように頑張りたいです

師匠は鈴木栄治選手だそうだ。
「たまたま千葉で行われていたサイクルカップ、自転車を好きな人が集まるところにいらっしゃっていて、選手会の人に紹介していただき、そこでお願いをしました。
師匠には、『やりたいようにやれ、好きなようにやっていいよ』と言われているので、自由にやらせてもらっています。学校に入学するにあたっても、アドバイスをくださったりしていて、自転車に必要なものもすべてそろえてくださったりしていただいて、本当に感謝してもし切れないです。
自転車は同県の石井貴子(千葉)さんに貸していただいています。
あとは先輩選手からもたくさんいろいろもらって、それで今生活できているという感じです」

趣味について話してくれた蓑田が面白かった。
「練習が趣味みたいなものですかね(笑)。大学の時もひたすら練習していて、遊ぶより練習がしたいっていうタイプでした。なので、友達に誘われても、ちょっと練習あるからみたいな感じのタイプで、はまり込んでしまうタイプですね(笑)。
多分、自分の中で、楽しみに変えようとしているんだと思います。自分でもよくわからないんですけど(笑)。訓練はすごく厳しいですが、成長した自分を見つけるとすごく嬉しくなるので、そのためにまた頑張ろうと思います!」
と練習が趣味と言うところが将来の活躍が楽しみである。

卒業したら一番にしたいことは。
「友達に自慢したいです、無事に卒業できたという事を!そしてレースを友達に見にきてもらいたいですね。アッと言わせたい、その気持ちを抱いて練習していきたいです」

デビューしたら、蓑田はどんな選手を目指していくのだろか。
「思いっ切りの良い選手になりたいと思います。奥井選手の様な先頭に立って、風を切って、力強く走り切る選手になりたいと思います。そう出来るように脚をつけるようにしたいです。
力強い、粘り強いレースを出来るように頑張っていきたいと思いますので、応援よろしくお願いします」
その姿勢だけでも注目の高まりそうな蓑田、今後の頑張りに期待が高まる。

蓑田真璃生徒