プロデビューを目指す競輪学校生徒サイト

110回生 冬季帰省アンケート!

2015/12/29

2015年12月25日(金)、日本競輪学校で終業式が行われ、冬季帰省がはじまりました。
110期の生徒に半年間の学校生活を振り返っていただきました。

★生徒番号1 佐藤友香
【半年間を振り返って】
本当にあっという間の半年でした。自転車の世界に入り、見る物、やる事初めてづくしでしたが、日々みんなと訓練する中で、ひとりではできない成長ができたと思います

【冬季帰省中の目標】
自転車を乗ることはもちろんですが、第2回の学科試験資格検定に向けて勉強していきたいと思います

【冬季帰省中の楽しみ】
雪を見ながらのんびり、おいしい物を食べたいです

★生徒番号2 林真奈美
【半年間を振り返って】
学校生活も残すところあと3か月になりました。夏帰省後から本格的となった競走訓練では悩んだり悔しいことだらけですが、その中でも、目的を持ったり全力で臨んで行くことで身になっている事を感じることもできています。いまやるべき事、出来る事にしっかりと向き合い、残りの日々も無駄の無い時間にして行こうと思います。

【冬帰省中の目標】
・ダッシュ力の強化、スタンディングフォームの改善
・もがきのペダリング(片踏み等)やフォーム矯正、競走で最後までもがき切れる脚をつける(それに繋がる練習をする)
・毎日、体幹トレーニングとストレッチを行う
・体調を整え、きちんとケアを行う

【冬帰省中の楽しみ】
・新しくなった久留米のバンクで、師匠や姉弟子、選手の方々と練習をする事
・両親と愛犬と家でゆっくり過ごしながら色んな話をする事
・愛犬と一緒に寝る事

★生徒番号3 佐々木恵理
【半年間を振り返って】
あっという間で1日1日を必死に過ごす事で精一杯でした。記録が大きく伸びたりは無いですが、1歩1歩少しづつ成長できている充実した半年でした

【冬帰省中の目標】
苦手なダッシュ練習を中心に行いたいと思います

【冬帰省中の楽しみ】
家族と一緒に温泉旅行に行って美味しいものを食べるのが楽しみです

★生徒番号4 亀川史華
【半年間を振り返って】
訓練中の落車で鎖骨と肩甲骨を骨折してしまい本当に大変でした。でも先生方の迅速な対応とサポートと、110回生の皆が支えてくれたお陰で、またこうして走れる喜びを感じ、何より命があった事に感謝しました
怪我をして、とっても痛かったけれど、それ以上に学んだことが得た物の方がずっとずっと大きかったです
先生方、110回生の皆、本当にありがとうございました

【冬帰省中の目標】
怪我をした部位のリハビリに努めたいです 延期している卒業認定試験に合格できるように頑張ります。

【冬帰省中の楽しみ】
家族に元気な顔を見せる事です

★生徒番号5 荒川ひかり
【半年間を振り返って】
つらいことや苦しいこと、楽しいこと、盛りだくさんな半年間でした
訓練でもそれ以外の生活でもひと回り成長できました
今はもっと強くなって、まず同期の仲間に負けたくない気持ちが大きいです

【冬帰省中の目標】
学校での規則正しい生活リズムを崩さないで練習に励む

【冬帰省中の楽しみ】
家族とゆっくり過ごすこと

★生徒番号6 黒河内由実
【半年間を振り返って】 
1000mTTなどは思ったより速くなることはできなかったけど、長時間自転車に乗れるようになった事、ローラーもがきをしっかりできるようになったと思う。タイム測定ではあまり良い結果がでないけれど、複数もがきなど競い合う時はしっかりとくらいついていく事ができるようになったので、残りの期間ではまくり、逃げ切りができるようにまた練習していきたいと思います。

【冬帰省中の目標】
体重のキープ 体脂肪率を落とす 長時間高回転をキープできるようになる 心拍が上がったときに耐える練習をする

【冬帰省中の楽しみ】
家族に会える事 お母さん、おばあちゃんの料理を食べられる事 友人に会える事 おいしい物を食べられる事

★生徒番号7 藤巻絵里佳
【半年間を振り返って】
思ったよりあっという間でした 特に夏帰省後は競走訓練、各卒業認定試験などで、気持ち的に緊張するときも多かったですが
あっという間に冬帰省になったという感じです

【冬帰省中の目標】
しっかり練習して、レベルアップして学校に帰ってくること

【冬帰省中の楽しみ】
地元の美味しいお米、野菜、果物を食べること 家族に会えること

★生徒番号8 大谷杏奈
【半年間を振り返って】
学ぶことがすごく多くて あっという間に感じます 競走訓練も始まって自分は競輪を走るのが初めてだったので分らない事ばかりで
最初は大変でした でも先生や110回生の皆が色んな事を教えてくれて自分にとって この半年間ものすごく勉強になりました
失敗してしまったときは色々な人がはげましてくれてすごく助けられました。自分はまだまだ勉強しないといけない事がたくさんあるので残りの学校生活は1日1日大切にして毎日色んな事を学んでいきます。

【冬帰省中の目標】
競走訓練が始まって1レース1レース学ぶことばかりで 自分のだめな所が色々分るようになりました でも今の1番の目標はギアを踏める足をつくる事。自分はパワーがなくて重いギアが全然踏めていないので、しっかりふみきれる足を作れるよう、ロードとかでも重いギアでやって重いギアをふめるようになることです

【冬帰省中の楽しみ】
沢山食べることです。甘い物が大好きなのでケーキとかおいしいものを食べたいです

★生徒番号9 遠峯加奈
【半年間を振り返って】
あっという間に過ぎてしまったという感じです。ついこの前まで半袖で練習していたと思ったらもう冬がきていて卒業が近づいているのが驚きです。入学したばかりの時よりは足がついてきた気がします。でも足りない部分が多いので卒業する前までに学べるものはしっかりと学んでおきたいです

【冬帰省中の目標】
短い時間だけど自転車に乗って苦手な所の練習をする 学校のような規則正しい生活を心がける
自分に足りていない部分を見つめなおし練習で補う

【冬帰省中の楽しみ】
家族に会えること 友達に会えること 師匠やお世話になっている人に会えること お母さんのごはんが食べられること
自分のベットで寝られること おいしい物を食べられること 姉と本屋さんにいけること

★生徒番号10 坂本咲
【半年間を振り返って】
振り返ると辛い練習や色んな行事、試験など沢山のことがありましたが、今になるととてもあっという間で短く感じました
夏帰省後は競走も始まって 自分の得意な所、苦手な所もわかってきました

【冬帰省中の目標】
自分の今の課題はダッシュ力をつけることだと思うので そこを少しでも克服したいです あとは脂肪で体重が増えないように
気を付けたいです
【冬帰省中の楽しみ】
美味しいものをたくさんたべてよく寝る 欲しいものを手に入れる とりあえず寝たい

★生徒番号 11 野口のぞみ
【半年間を振り返って】
怪我や落車などで肉体的、精神的にきつい時もあったが、これも経験のひとつであると前向きに、今後の成長につなげていきたい。
冬帰省が終わると、110回生と一緒に訓練できるのも残り3か月になるので、精一杯訓練をして力をつけたい

【冬帰省中の目標】
持久力をつけ後半で足がもつような地脚をつけること ダッシュ力の強化を目標としている

【冬帰省中の楽しみ】
長崎の選手と練習できること

★生徒番号12 齊藤由紀
【半年間を振り返って】
調子を崩して辛いこともいっぱいありましたが、同期のおかげで乗り越えられ、同期の大切さが感じられました。
残り3か月となったので、このまま同期全員で卒業できるよう頑張りたいです

【冬帰省中の目標】
少しでもフォームを改善し、帰省明けのタイム測定で自己ベストを出せるよう練習をいっぱいする

【冬帰省中の楽しみ】
豊橋の選手と練習すること

★生徒番号13 中嶋里美
【半年間を振り返って】
この半年間、本当に充実した日々を過ごす事ができました 夏帰省後からは競走訓練がはじまり、課題がより明確となりました
残りの学校生活で少しでもその課題を克服してデビューに向かえるようにしたいです
【冬帰省中の目標】
ダッシュ力がまだまだないので 少しでも「出」がよくなるように練習に取り組む
短時間ですが全体的なパワー強化にも取り組む

【冬帰省中の楽しみ】
豊橋の選手の皆さんと練習すること 実家で年を越せること

★生徒番号14 蓑田真璃
【半年間を振り返って】
入学してからもう半年も経っているなんて驚きです それだけ充実していたことだと実感しています 訓練は夏帰省後から、本番のレースにむけた競走訓練があり、自分の闘い方について日々考えさせられていました。
そんな中で失敗した事や成功した事は自分にとって とても自信になったので 今後も果敢にチャレンジしていきたいです

【冬帰省中の目標】
一週間と少しの自主訓練期間ということで 自分の苦手なダッシュ力を少しでもアップできるよう 取り組んでいきます

【冬帰省中の楽しみ】
帰省中の楽しみは 母のご飯が食べれること 愛犬と散歩に行くことです あとはゆっくりお風呂につかりたいです

★生徒番号15 山本知佳 
【半年間を振り返って】
少しづつではあるけれど 成長できていると思います 夏帰省明けからは実践的な訓練が中心となり 競走の難しさや面白さを感じています。今この環境で訓練できるのもあと少しなので1日1日を大切に過ごしていきたいです

【冬帰省中の目標】
帰省明けのタイム計測に向けて練習に取り組む

【冬帰省中の楽しみ】
美味しいものを食べること

★生徒番号16 藤谷はるな
【半年間を振り返って】
まず入学してから半年が経ったというのに驚きました。しかし前より体がついたな、タイムが良くなったな と思うことが最近あり そんな時に半年が経ったんだと実感します 年が明けて帰省から帰ってくると卒業まですぐだと思うので1日1日を大切にし、悔いの残らないよう過ごしていきます

【冬帰省中の目標】
一番の課題である持久力、体力をつけるために乗り込みを多く取り入れた練習をすることです あとは回転系も行いたいです 帰省は短いですが 帰省前よりもレベルアップすることを目標に頑張っていきます

【冬帰省中の楽しみ】
美味しいご飯が食べられること
師匠と練習ができること

★生徒番号17 宮地寧々
【半年間を振り返って】
あっという間の半年でした
朝起きてから寝るまで毎日がとても充実して濃い1日1日を過ごせました
きつかったり、苦しいことがあったり、うまくいかなかったりしましたが、そのおかげで自分と向き合い考えることが出来るようになれました

【冬帰省中の目標】
たくさん自転車に乗ること

【冬帰省中の楽しみ】
家族で色んなところにお出かけすること
お父さんの料理を食べ、お母さんの手作りスィーツを食べて、妹とたくさん話して、みんなでたくさん笑うことです

★生徒番号18 土屋珠里
【半年間を振り返って】
あっという間の半年でした 夏帰省後は怪我もあり思うような走りができず悔しい思いもしていますが、今が耐え時だと思って残り3カ月悔いのないように全力で取り組んでいきたいです

【冬帰省中の目標】
自分が苦手なダッシュ力を良くすることと、人より少しでも自転車に乗って感覚を養うことです

【冬帰省中の楽しみ】
ガールズグランプリを観戦することと、栃木の選手の方々と練習すること。友達とスィーツを食べに行くことです。

★生徒番号19 中野咲
【半年間を振り返って】
半年間生活をしてきて、日々の訓練は常に自分との戦いでした。
周回をするのもペースが上がって苦しい中、離れないよう必死になったり競走でも1着になるため全力になります。その為には集中力を欠かしてはならないし、気が緩んだ瞬間にスキをつかれたり事故につながります。
精神的にも身体的にも鍛えられていると思います。半年で沢山のことを学び、私はダッシュ中心に劣っていて課題も多くありめす。その課題は自分への試練でもあるので、さらに心身の鍛錬に励み強くなりたいです。

【冬帰省中の目標】
下半身の強化 体幹強化
瞬間力をつける
毎日ストレッチ10分はする

【冬帰省中の楽しみ】
家族に会えること
豊橋競輪場で練習できること

★生徒番号20 鈴木奈央
【半年間を振り返って】
この半年間で心も体も少しは成長できたと思います 競走訓練も始まり自分の弱点をあらためて知ることができました 学校生活も残り3カ月 悔いの残らないよう一生懸命訓練に励みたいです

【冬帰省中の目標】
海外遠征があるので メダルをとってくること
ダッシュ力がまだまだ足りないのでダッシュ力の強化をしてくること

【冬帰省中の楽しみ】
家族に会えること

★生徒番号21 板根茜弥
【半年間を振り返って】
1日1日が辛く、厳しい半年間でした。けれど110回生のみんなの励ましあい、助けあいながら乗り越えてこられました あと半年間頑張ります

【冬帰省中の目標】
乗車フォームをしっかりさせる。その為に体幹を鍛える
ダッシュ力をつけるために軽いギアでも速く回せるようになる
ウェイトトレーニングで筋力をつける
毎日1時間走る

【冬帰省中の楽しみ】
学校では食べられない物を食べる
姉夫婦と会い、色んな話をする
初詣に行ってお参りして おみくじを引く

★生徒番号22 鈴木彩夏
【半年間を振り返って】
すごくあっという間だったと感じました。半年間辛いこともありましたが すべて今に繋がっていると思います。上手くいかなくてタイムも伸びない時期もありましたが、乗り越える度にタイムも縮まってきました。
残りの数ヶ月も未来を見据えて頑張っていきたいです。

【冬帰省中の目標】
自分の苦手なスピード持久を伸ばすためにワットバイクを基本にして学校では行えない練習をする
体幹をもっと付ける 特に上半身

【冬帰省中の楽しみ】
地元の選手の方々と一緒に練習ができること
親の手料理が食べられること