プロデビューを目指す競輪学校生徒サイト

生徒インタビューレポート 東口 純(108期)

2014/12/01

東口 純選手

BMXのフラットランドから競輪へ

「小さい頃はやんちゃでした。基本、遊ぶ時はずっと外。いつも身体を動かしていましたね。
スポーツは、中学校1年の時からバスケットボールをしていて、一応、高校もバスケをしていました。それと、高校に入ってからBMXのフラットランドをはじめて、競輪学校入学するまでやっていました」
幼少時代から活発だった東口純は、BMXのフラットランドに高校生の時に出会った。フラットランドは平地などで回転などの技を駆使する競技。同じ自転車とはいえ、全く違う種目をしていた東口がガールズケイリンを知ったきっかけは何だったのだろうか。

「高校の頃に、気まぐれで出た大会みたいなので、飯田太文先生(日本競輪学校教官)に出会ったんです。それで、ガールズサマーキャンプに行ってみて、いいかなって思ったんです。
キャンプの時はあんまり思ってなかったですけど、でも、キャンプから帰る時に、一緒にいた子たちが皆、受験するんだって思ったら、何かいいなって思って、自分も受けてみようかなと思いました」

しかし、ガールズサマーキャンプが8月、受験は10月と時間がなかった。決意を決めた東口は、石川県の内灘自転車競技場で厳しい練習に打ち込んだ。
「決めてから受験日まで時間がなかったので、でも、受けるなら受かりたいなと思って。受けるまでに色んな人の力を貸してもらったので、受からなきゃなって思っていたので、受かった時はホッとしました」

東口 純選手

学校は楽しい

「学校は楽しいですね。一番楽しかったのは、ロードレース大会の時の余興でした。ロードレース大会自体はなかったけど、余興は皆で笑いまくっていました(笑)。いつもとちがうラフな感じが楽しかったです。
たまに自分が競輪学校にいるって忘れちゃいます。毎日が楽し過ぎて、修行しているって感じじゃないからかな。練習は苦しいけど、でも、楽しいです。たぶん、自転車が好きなんだと思います」
という東口。趣味だった絵も今はほとんど描いていないそうだ。

「絵を描くことが好きですね。入学したばっかりの時は描いていたけど、今は、自主練ばっかりです。朝練は毎日起きています。
最近はずっとローラーに乗ったりとか、ウエイトトレーニングをやっています。授業だと追い込んでやれないので、休みの日に時間をかけてやっています。
この間、体育でウエイトをやるんですけど、体重比で言えば一番でした。でも、体重比とかじゃなく、一番あげたいですね。
今はスクワットで70kgくらい、ベンチで40kgを10回くらいです。尾崎(睦)さんが一番強くて、スクワットで100kgくらい、ベンチで50kgを10回くらい上げます。自分も頑張りたいですね!スクワットはいけそうだけど、ベンチがなかなか難しいですね」

東口 純選手

目指せ、女鬼脚!

課題は脚の強化だそうだ。
「後半がタレちゃうんで、自力の脚をつけなきゃなっていうのが入学した時からの課題ですね。人の後ろならいいけど、風を切ると人よりも弱いので。もう少し脚をつけないといけないですね。
競走訓練は、最初は先行しろって言われて、でも自分には先行したけどムリで、先行をやめようかなと思って後ろについてみたけど、また最近先行しようと思っています。先生から、学校中は先行、マークはいつでも出来るからって、脚をつけろって言われています。先行して抜かれた時にどうするかとか、先行の気持ちもわかるから、先行してみろって言われました。
この間、競走訓練で初めて先行の決まり手がつきました!感動して、ちょっと泣きそうでした(笑)。誰も私が先行するって思っていなくて、駆けた瞬間に後ろが離れて、脚がなかったから捲られたけど、(終わってから)『絶対に行かないと思っていた』って言われたんで、『でしょう。行くんだよ~』って、楽しいですね(笑)」

フラットランドで培われたバランス感覚は競輪にも活かされているそうだ。
「塚原睦巳先生に、『女子回生はずっと見てきたけど、一番自転車に乗るのが上手い、ハンドル捌きがいい』って言ってもらいました。
BMXも楽しいですけど、BMXは自分一人でやっていた感じ、競輪は色んな人が期待してくれるので、もっとやりがいがあるかなと思います」

目標とするスタイルは
「完全に追い込みになりたいです。自分の中で魅力的なんですよね。キレイにマークして追い込むっていう流れが好きです」
そのためにも、人にないものが欲しいと東口は言った。
そんな彼女に鬼脚・井上茂徳の自力を持ちながらも追い込みに徹したことや、最終4コーナーを回ってからの鋭いタテ脚の話をすると
「いいですね!カッコイイですね!!井上さんを研究してみます」と目を輝かせた。
女鬼脚と呼ばれるには楽な道ではないだろうが、彼女なら楽しみながらその棘の道を突き進んでくれそうだ。

「ファンの皆さんへ、面白いレースが出来るようになりたいと思いますので、応援よろしくお願いします!」
稀代のガールズ追い込み選手誕生となるか!?東口のこれからに期待したい。

東口 純選手