プロデビューを目指す競輪学校生徒サイト

108回生第1回トーナメントの優勝は尾崎睦生徒!

2014/11/30

11月28日、日本競輪学校333mバンクにて第1回トーナメントの決勝戦が行われ、尾崎睦生徒が優勝しました。
第1回トーナメントは27日、28日両日行われ、予選1、2、3回戦が行われ、合計ポイントで決勝進出が決定しました。

20141128_DSC_3751.JPG20141128_DSC_3884.JPG

 

◆決勝戦への意気込み

1番車・三宅玲奈(岡山)

20141128_DSC_6915.JPG

「決勝戦は自分の走りをして精一杯頑張りたいと思います」

2番車・細田愛未(埼玉)

20141128_DSC_6883.JPG

「予選は動けたレースもあったけど、予選3は動けていないので、納得はしてないです。決勝戦では、自分で動けるように頑張りたいと思います」

3番車・尾崎睦(神奈川)

20141128_DSC_6873.JPG

「トーナメントに向けて、しっかり体調を整えてきたので、しっかり決勝戦も頑張りたいと思います」

4番車・東口純(石川)

20141128_DSC_6905.JPG

「決勝に乗れたので良かったです。決勝戦は真っ直ぐ走ります」

5番車・福田礼佳(栃木)

20141128_DSC_6897.JPG

「予選は納得はいっていないので、決勝戦では自分で動いて、前に出たいと思います」

6番車・溝口香奈(奈良)

20141128_DSC_6923.JPG

「昨日は調子が良かったけど、予選3は良くなったですね。決勝は1着目指して頑張りたいと思います」

7番車・児玉碧衣(福岡)

20141128_DSC_6889.JPG

「決勝戦でしっかり自分のレースをして逃げ切りたいです。良いメンバーが集まって、良い経験が出来るので、そこで自分の力を出していきたいと思います」

決勝レースフォトダイジェスト

20141128_DSC_4378.JPG
発走を待つ

20141128_DSC_4393.JPG
スタート

20141128_DSC_4415.JPG
周回

20141128_DSC_4460.JPG
残り2周1コーナー

20141128_DSC_4465.JPG
打鐘

20141128_DSC_4479.JPG
残り1周

20141128_DSC_4496.JPG
最終バック

20141128_DSC_4510.JPG
ゴール

◆決勝戦着順

優勝・尾崎睦

2位・児玉碧衣 

3位・細田愛未

4位・東口純

5位・溝口香奈

6位・福田礼佳

7位・三宅玲奈

20141128_DSC_6942.JPG
107回生と合同の表彰式

20141128_DSC_6944.JPG
決勝の7生徒

20141128_DSC_6963.JPG
1位となった尾崎生徒

20141128_DSC_6970.JPG
2位となった児玉生徒

20141128_DSC_6977.JPG
3位となった細田生徒

20141128_DSC_7040.JPG

20141128_DSC_7034.JPG
決勝メンバー

◆決勝戦コメント

優勝の尾崎睦
200141128_DSC_7113.JPG
「踏み込んだけど、先に出られて悔しいけど、それは今の力だと思います。でも、今の課題がしっかりわかったトーナメントだったので、そこをしっかり自習練習で補って、春には見違えるような力を見せたいと思います!」

2位の児玉碧衣
200141128_DSC_7069.JPG

「先行と決めていたので、先行出来たことは良かったんですけど、3車並走になってしまったので、そこで脚を使い、最後スピードが落ちて差されてしまいました。もっと安定した自転車乗り方をもっと強化して、タレない脚をつけて、逃げ切れる脚をつけたいと思います。また、次のトーナメントでは逃げ切り優勝が出来るように頑張りたいと思います」

3位の細田愛未
200141128_DSC_7090.JPG

「決勝戦は、もっと前々に動きたかったけど、先に動かれ、前に出ることが出来ずにゴールだったので、納得のいかないレースでした。これからの課題ですね。もっとダッシュ力をつけて、最後まで維持できるようにしたいです」

 

選抜レースフォトダイジェスト

20141128_DSC_3870.JPG
周回

20141128_DSC_3906.JPG
残り2周

20141128_DSC_3915.JPG
打鐘

20141128_DSC_3931.JPG
最終ホーム

20141128_DSC_3941.JPG
最終3コーナー

20141128_DSC_3956.JPG
ゴール

◆選抜(1)レース1着コメント

元砂七夕美(奈良)
20141128_DSC_7162.JPG

「今回は悔いの残るトーナメントでした。積極的に行こうと思って、先行したけど、決勝に乗ることが出来なくて…。最後のレースは、決勝に乗れなくて悔しかった分、逃げて1着を取ろうと思いました」