プロデビューを目指す競輪学校生徒サイト

全国高校総体トラックレース女子公開競技、大会2日目は500mタイムトライアルで平井杏奈選手、スクラッチで大谷杏奈選手が優勝!

2014/08/08

連日の猛暑の中、山梨県境川自転車競技場において熱い戦いが繰り広げられているインターハイのトラックレースですが、大会2日目となる8月7日(木)は女子公開競技として、500mタイムトライアルとスクラッチが行われました。

 

★女子500mタイムトライアル 結果

1位 平井杏奈(祐誠・福岡)   38秒391

2位 佐々木美都(古川工・宮城) 38秒478

3位 伊藤花歩(倉吉西・鳥取)  38秒820

 

昨年から女子公開競技の種目に加わった500mタイムトライアル。今年は12名が出走し、優勝を飾ったのは2年生の平井杏奈選手。2位には僅差で佐々木美都選手、3位の伊藤花歩選手も38秒台をマークしました。

尚、優勝した平井選手は500mタイムトライアルのあとに出場したスクラッチで落車してしまい、鎖骨を骨折する怪我を負ってしまいました…。表彰式には痛々しい姿で参加していましたが、早く元気になってほしいですね!

 

平井杏奈選手コメント

「優勝できて嬉しいです。タイムも今までのベストは38秒4だったので、自己ベストが出せました。大会前は不調で、結構不安だったんですけど、良かったです。(将来的には)ガールズケイリンにもちょっと興味があります。どちらかというと短距離のほうが得意なんですけど、今後の目標としては短距離も長距離も全部強い選手になりたいです」

 

 

20140807_1.jpg

1位の平井杏奈選手。

 

20140807_2.jpg

2位の佐々木美都選手。

 

20140807_3.jpg

3位の伊藤花歩選手。

 

20140807_4.jpg

女子500mタイムトライアル表彰式。

20140807_5.jpg

優勝した平井選手。

 

★女子スクラッチ 結果

1位 大谷杏奈(桜丘・愛知)

2位 内村舞織(南大隅・鹿児島)

3位 田村ひろみ(城東工科・大阪)

 

19名が出走した女子スクラッチは、序盤から次々とアタックが飛び出す、動きの多い展開に。しかし決定的な逃げはできず、集団のまま残り5周を過ぎると牽制状態に入ります。最後は最終周回バックで抜け出した小グループでのスプリント勝負となり、ゴールを制した大谷杏奈選手が優勝を手にしました。

 

大谷杏奈選手コメント

「(最終バックでのアタックは)なにも考えずにがむしゃらにいきました。(アタックの直前の落車に巻き込まれて)前輪が壊れてしまったんですけど、もう最後までいくしかないと。ゴールの瞬間は勝ったかどうか分からなかったんですけど、優勝できて嬉しいです。今後の目標は競輪学校に合格することです。競輪選手になるのは中学からの夢なので。ガールズサマーキャンプにも参加したんですけど、(ガールズの)選手はみんな強くてカッコいいですし、話も面白いです(笑)。1kmタイムトライアルのタイムがまだ出せていないので、合格するために頑張りたいです」

 

20140807_6.jpg

女子スクラッチのスタート前。

20140807_7.jpg

序盤から積極的にアタックが掛かるレース展開に。

 

20140807_8.jpg

牽制状態の集団が最終ホームへと向かう。

 

20140807_9.jpg

ゴール!

 

20140807_10.jpg

女子スクラッチ表彰式。

 

20140807_11.jpg

優勝した大谷選手。