プロデビューを目指す競輪学校生徒サイト

女子106回生、男子105回生の第3回記録会2日目が行われました。

2014/02/26

第105回生及び女子第3回生徒(第106回生)第3回記録会(2日目)が25日、333mピストバンクにおいて行われました。2日目は午前中に400mFD、午後は男子は3000mTT、女子は2000mTTを計測し、これが最後の記録会とあって、どの選手も集大成を出そうとタイム短縮を目指した力走を見せました。ベストタイムを弾き出した生徒もおり、ここまでの鍛錬による成長を実感できたのではないでしょうか。明日(26日)からの2日間は、第3回トーナメントが行われます。全力を出し切る好レースに期待したいですね。

20140226-1.JPG
333mピストバンク。先日の大雪を物語っています。

20140226-2.JPG
懸命に呼びかけ

20140226-3.JPG
同期の走りを見ながら出番を待つ
 
男子第105回生

20140226-4.JPG
400mFDの記録会の様子

20140226-5.JPG
3000mTTの記録会の様子

20140226-6.JPG
石塚輪太郎生徒

20140226-7.JPG
中島将尊生徒
 
【400mFD:22秒91】
石塚輪太郎生徒(生徒番号26・和歌山)
「記録会の種目の中では400mFDは得意で、ずっと1位を取らせてもらっています。今日は個人的には満足できるタイムではなかったですけど、みんながタイムで苦戦している中での22秒台だったので、そこは良かったのかなと思います。最後の記録会だったので、ベスト近くは出したいと思っていたんですけどね。初めての333mバンクで400mFDを測ったのもありますけど、単純にまだまだ実力不足です」
  
【3000mTT:3分54秒05】
中島将尊生徒(生徒番号27・群馬)
「3000mは1位を取ることを目標にしていたので嬉しいです。長距離は得意なので、狙ってみました。自分の走りをしようと思って頑張りました。タイムは満足していませんが、1位は取れたことは良かったと思います。残り1カ月、ダッシュを課題にして頑張りたいと思います」
 
第106回生(女子3回生)

20140226-8.JPG
400mFDの記録会風景

20140226-9.JPG
2000mTTの記録会風景
 
20140226-10.JPG
スタート

20140226-11.JPG
400mFD、2000mTT1位の篠塚奈知生徒

20140226-12.JPG
400mFD2位の濱田瞳生徒

20140226-13.JPG
2000mTT2位の長澤彩生徒
 
20140226-14.JPG
夕暮れが迫る中、訓練は続く
 
 
【400mFD:25秒86】【2000mTT:2分43秒6】
篠塚奈知生徒(生徒番号14・千葉)
「(400mFDは)今日は気温も高く風もなかったので、自分的には良かったと思います。333バンクで400mFDを測定したことがなかったんで、どんなタイムが出るか怖かったですが、やってみたら練習よりも上がって、最後の記録会で自己ベストも出せたのは良かったと思います。今までは26秒1くらいがベストだったので、400mバンクでももっと出せるかなと自信になりました。(2000mTTは)今回は他でもゴールデンのタイムが出せてなかったので、2000mは一番得意だし好きだったので出したかったんですけど、届かなかったのが悔しかったです。弱かったですね。後半垂れてきてから、踏ん張りが効かず粘りが足りなかったです。ひたすら練習しないといけないと痛感しました」
 
 
【400mFD:25秒94】
濱田瞳生徒(生徒番号6・青森)
 「400mは技術的な面が大きいので、自分はみんなより自転車競技を長くやって経験もあるので得意な方です。今日はベストタイムは出せなかったですが、今できる精一杯の力を出せたと思います。良い感じではあったんですけどね」
 
【2000mTT:2分45秒5】 
長澤彩生徒(生徒番号4・愛知)
「ベストから5秒も遅かったので、そこは悔しかったです。けっこうきつかったです。いつもの記録会では軽めのギアを使っていましたが、今回は長い距離の種目では重いギアを使いました。課題が見つかりましたね」