プロデビューを目指す競輪学校生徒サイト

第106回生徒の展示訓練が行われました!

2014/02/13

第106回生の展示訓練が2月7日(金)~10日(月)伊東温泉競輪場で3日間にわたって行われました。(第2日(2/8)は降雪のため、開催中止。2/9(日)に順延)
展示訓練は各日1個レース行われ、生徒達は開催中の競輪場で走るのは初めてということもあって少し緊張気味でしたが、お客様からの生の熱い声援を受けながら、デビューの日を目指してバンクを全力で駆け抜けました。

 伊東市、公益財団法人日本自転車競技会をはじめ、関係者のご協力のもと有意義な訓練を行うことができました。生徒達は3月下旬に卒業を控えており、多くの方々に支えられて競輪が運営されていることを実感する良い機会となりました。
 今後も第106回生徒の活躍にご注目下さい!
検車風景
検車風景
展示訓練、発走!
展示訓練、発走!
展示訓練風景1
展示訓練風景1
展示訓練風景2
展示訓練風景2
場内イベントに参加
場内イベントに参加
ご来場いただいたお客様へ挨拶
ご来場いただいたお客様へ挨拶
展示訓練 生徒コメント
 
106回生(女子生徒)
石井 貴子(生徒番号5・千葉)
「今回の展示訓練では、初日と第2日の2回出走させていただきました。先日行われたジャパンカップ、そして世界選への出場も決定したので、恥ずかしくない走りを見せなければと、とても緊張して臨みました。実際に開催中の現場において自力で競走できたことは、とても良い経験になりました。また、第2日が降雪の為、順延になりましたが、除雪作業をはじめ、多くの方の力で競輪開催が成り立っているとわかり、競走できることへの感謝の気持ちをずっと持ち続けていかなければと思いました。今後もデビューに向けて、さらに訓練に励んで、お客様の期待に応えられる選手になりたいです。」
 
106回生(女子生徒)
小林 優香(生徒番号8・福岡)
「今回、展示訓練に参加させていただき、緊張感を持ちながらも、自分らしい思い切りの良い競走ができたと思っています。自分の発走時間まで、実際の競輪競走を近くで見学できたこと、待機している先輩選手の様子を拝見できたこと、そしてお客様の声援を肌で感じたことは、デビューに向けて大きな糧となりました。今回の経験を生かし、日々の訓練に励んでいきます。」
 
106回生(女子生徒)
篠塚 奈知(生徒番号14・千葉)
「今回、私は先頭誘導選手と出走選手、二役で参加させていただきました。特に日頃の訓練で女子生徒が先頭誘導をやることはないので、とても貴重な経験でした。誘導タイムを順守すること、退避直前までの踏み上げ等、どれも難しく、とても緊張しました。展示訓練に出走した生徒に良かったと言ってもらえたことがとても嬉しかったです。ただ、自分の展示訓練競走では見せ場が作れず、悔しい思いをしました。今回、参加できたことは、自分自身の中でデビューに向けて、更に選手としての気持ちが高まったと思います。そして、競輪開催が多くの方々の支えによって成り立っていることを改めて実感しました。デビューしても感謝の気持ちを忘れず、失礼のない行動を心掛けます。」
 
106回生(女子生徒)
小川 美咲(生徒番号19・静岡)
「今回、展示訓練という形で、お客様の前で競走ができたことは、私にとって貴重な経験となりました。私は伊東温泉競輪場がホームバンクになるということもあり、多くの方が応援してくださったのですが、不甲斐ない競走になってしまい、悔しい思いでいっぱいです。デビュー後は、もっといい競走をお見せできるように、一生懸命練習してきます。この度は誠にありがとうございました。」