プロデビューを目指す競輪学校生徒サイト

106回生の展示訓練が伊東温泉競輪場で行われました!

2014/02/10


2月8日(日)、伊東温泉競輪場において106回生(女子)の展示訓練(デモレース)が第5レース終了後に行われました。6日(金)に続き、降雪による順延を経ての2回目の実施で、レースまでの流れを再確認していた参加生徒たち。デビューを目前に控えているだけに、緊張感もいつも以上に加わって、その眼差しは真剣そのもの。入場、発走機そしてレース中も、お客様から多くの声がかけられ、熱がこもったレースが展開されました。9日(月)も展示訓練が行われる予定ですので、「未来のニューヒロイン」をいち早くチェックするためにも、ぜひ本場での応援をよろしくお願いいたします。
20140209_1.JPG
20140209_2.JPG
朝行われた自転車の検査

20140209_3.JPG
20140209_4.JPG20140209_4.JPGのサムネイル画像
エアを入れて最終チェック

◆104回生(女子)展示訓練レース
20140209_5.JPG
入場

20140209_6.JPG
発走機

20140209_7.JPG
スタート

20140209_8.JPG
周回

20140209_9.JPG
打鐘

20140209_10.JPG
最終ホーム

20140209_11.JPG
最終バック過ぎ

20140209_12.JPG
ゴール

20140209_13.JPG
2着争い


◆レースリプレイ
スタートで竹井史香が飛び出し、誘導以下、竹井、長澤彩、金田洋世、高橋梨香、宮安利紗、石井貴子、小川美咲で周回していく。赤板で小川が上昇を開始して、その動きに石井、宮安が続く。小川は長澤の横まで上がり打鐘を迎え、竹井に並びかかると最終ホームでは石井が前団を一気に叩いてスパートし、後続を大きく引き離す。そのまま石井の一人旅となり、1着の圧勝ゴール。熾烈な2着争いを制して抜け出しのが長澤、3着に高橋が入線した。
 

◆1着の石井貴子生徒のコメント
(レースを振り返って) 
「一昨日に続き、順延もあって2本目でしたが、とにかくお客さんに覚えてもらえるような前で走るレースをしようと思っていました。自分の思った通りになったのでラッキーでした。ジャパントラックカップもそうですが、いろいろな方の協力で、すごくたくさんチャンスをいただいています。期待に応えなきゃいけないというプレッシャーが最近大きいですね」
20140209_14.JPG

■9レース終了後に本日参加した生徒のトークショーがステージで開かれました。また、バレンタインデーが近いこともありオリジナルチョコレートの配布も行われました。
20140209_15.JPG
20140209_16.JPG