プロデビューを目指す競輪学校生徒サイト

106回生 第1回トーナメント競走1日目レポート

2013/11/29

11月28日(木)、29日(金)の2日間に渡り、女子106回生と男子105回生の第1回トーナメント競走が競輪学校333mバンクにて行われます。

女子は1日目となる28日に予選1回戦と2回戦、2日目の29日午前中に予選3回戦が行われ、予選の合計着位上位7名が午後からの決勝に進出。
男子は1日目に予選1回戦と2回戦、2日目の準決勝を経て9名で決勝が争われます。

風が強く、かなり低い体感温度の中での競走となった1日目。女子は予選1回戦、2回戦ともに3レースずつ、計6レースが行われました。


20131128_1.jpg
まずは全員バンクに整列しての訓示からスタート


20131128_2.jpg
周回練習


20131128_3.jpg
予選1回戦第1レース。先行した5番石井を最終バックで捲った3番長澤が1着。2着石井、3着6番髙橋


20131128_4.jpg
予選1回戦第2レース。残り1周のホームで2番髙木が先頭に上がり、そのまま逃げ切って1着。2着4番奥井、3着1番飯田


20131128_5.jpg
予選1回戦第3レース。先行した1番濱田を最終バックで捲った4番小林が1着。小林に乗った5番篠塚が2着、3着濱田


20131128_6.jpg
男子の競走の時は打鐘を鳴らしたり、周回板をめくったりも


20131128_7.jpg
予選2回戦がスタート


20131128_8.jpg
予選2回戦第1レース。先頭員退避で先頭に上がった2番小林がそのまま後続をぶっちぎっての1着。2着5番長澤、3着3番奥井


20131128_9.jpg
予選2回戦第2レース。1番篠塚が先頭員退避から先行。追いかける3番石井が最終バックで捕まえ、1着。2着は粘った篠塚、3着6番竹井。


20131128_10.jpg
予選2回戦第3レース。残り2周のホームで2番髙木が4番濱田を叩いて先手を取り、そのまま押し切って1着。2着は濱田、3着3番山路



予選1回戦、2回戦ともに1着の小林優香生徒コメント
20131128_11.jpg
「1回戦はちょっとS取りを意識しすぎて(スタートで出遅れ)、最後尾になってしまったのでちょっと予想していた組み立てとは違ったんですけど、そのあとは落ち着いて早めに仕掛けることができました。2回戦は無理にSを取りに行かずに、自分の行ける場所から一気に行こうと思っていたので、そこは良かったかなと思っています。1戦目は不甲斐ない内容だったんですけど、2戦目はちょっとは内容のあるレースだったので、今度からも2戦目のようなレースを心がけていきたいです。2日目はもちろん優勝を目指していますが、結果だけでなく内容も良いものにしたいです」



予選1回戦、2回戦ともに1着の髙木真備生徒コメント
20131128_12.jpg
「自力でレースもできたのでそれは良かったと思いますが、一気にカマシた時に後続を離せるような、もっと爆発的な力でカマせるようになりたいです。脚質的にはどちらかというとスプリンターのほうだと思うので、これから持久力もつけていかなきゃなと。ラストの直線がまだまだなのでそこが課題です。今回はできるだけ自力で着も狙ってというのが目標なので、1着を狙って行きながらも、内容のほうも考えて走れたらなと思っています。2日目も自分の長所を生かした走りができるようにしたいです」



予選1回戦1着、2回戦2着の長澤彩生徒コメント
20131128_13.jpg
「1回戦はダッシュがあって強い石井さんを最終的に交わすことができたので、そこは良かったなと思います。2回戦は小林さんの踏み出しについていこうと思ったんですけど、やっぱりまだまだ脚がないなと。しっかり反応できるようにしたいのと、もっと脚をつけなければですね。あとはもっと積極的なレースができれば良かったかなと思います。2日目は自分らしいレースをすることと、強い人の近くから攻めていくのを心がけたいと思っています」



予選1回戦2着、2回戦1着の石井貴子生徒コメント
20131128_14.jpg
「1回戦はバックがかなり風が強かったんですけど、先行主体のレースを心がけているので思い切っていきました。2回戦も先行しようと思っていたんですけど、ちょっと展開を読み違えてしまって、先に篠塚さんが駆けていたので、捲りという形になりました。脚質的には捲りとか追い込みのほうが合っているだろうとは言われているんですけど、在学中は封印して、苦手なことを鍛えるという意味で先行メインで。2日目も果敢に先行していきたいなと思っています」


2日目は午前中に行われる予選3回戦の結果をもって、上位7名が確定。そしていよいよ決勝戦を迎えます!