プロデビューを目指す競輪学校生徒サイト

女子104回生第2回トーナメント決勝のレポート

2013/03/01

2月28日日本競輪学校において、男子103回生、女子104回生「第2回トーナメント競走」決勝が行われました。
104回生の優勝は奈良岡彩子生徒でした!おめでとうございます。
それでは女子104回生第2回トーナメント決勝のレポートです。

まず決勝メンバーは予選1、2、3回戦が行われその結果、1番車矢野光世、2番車猪子真実、3番車山原さくら、4番車石井寛子、5番車石井貴子、6番車田中まい、7番車奈良岡彩子となりました。

◆スタート
1start20130228.JPG   2start220130228.JPG
まず、スタートで飛び出したのが7番車の奈良岡で先頭員の後ろを奪取。
以下、周回は5番石井貴、1番矢野、2番猪子、3番山原、4番石井寛、6番田中となりました。

 ◆周回                       ◆打鐘 
3syuukai20130228.JPG  5dasyo20130228.JPG

◆最終ホーム                   ◆最終バック
6saisyuH20130228.JPG  7saisyuB20130228.JPG
 
◆ゴール
8goal20130228.JPG

残り2周でまず山原が動き、上昇開始、これに石井寛、田中が続く。打鐘では、奈良岡、石井貴も前を取ろうと踏み込んだが、山原が強引に先頭に出て先行。石井寛はこれを叩きに行こうとしたが、叩けず不発。山原の後ろには奈良岡がハマり、ゴール前に山原を捕らえ優勝を飾った。2着は先行した山原、3着に石井寛の後ろから突っ込んだ石井貴が入線した。

DSC_583120130228.JPG

◆優勝した奈良岡生徒
naraoka20130228.JPG

素直に優勝で嬉しいですが、自分のイメージしている競走が出来なかったのでちょっとと思うところはあります。先行で逃げ切れる力は足らないと思いますけど、強い山原生徒とか、石井生徒(寛子)とか先行で強い人達ととどれぐらい先行で争えるかと思っているので、今日はそれが出来なかったので悔しいです。
卒業記念レースでも優勝狙っていきたいです。

◆2位の山原さくら生徒
yamaahra20130228.JPG
優勝出来たかなと思ったんですけど、最後差されてしまいました。しかし、333mバンクの決勝戦で先行出来たのでそれは本当に嬉しかったです。今まで練習でも全く勝てなかった石井寛子生徒に、自分のレースが出来て先着したのが嬉しいです。後は逃げ切れる力を付けなければいけないですね。卒業記念レースは優勝したいですね。

3位 石井貴子生徒
isii20130228.JPG
まさか自分が3位に入るなんて思っていなかったので嬉しいです。決勝はできれば先行したかったんですが、先行する生徒もいるんで、展開を見て後ろについて、周りを見ていきました。