プロデビューを目指す競輪学校生徒サイト

「第2回トーナメント競走」 初日リポート

2013/02/28

2月27日、28日の2日間で女子104回生と男子103回生の「第2回トーナメント競走」が行われます。今回は333mピストでの開催となり、初日となった27日はあいにくの空模様となりましたが、1回戦、2回戦の各3レース計6レースが行われ、世界選帰りの石井寛子生徒が唯一2連勝を飾り、強さを見せ付けました。

レース前に自転車のチェック           周回練習              
レース前点検20130227.JPG   レース前周回練習20130227.JPG

女子自転車20130227.JPG   レース後教官説教20130227.JPG  

◆予選1回戦 1R                 ◆予選1回戦 2R
予選1回戦1R20130227.JPG   予選1回戦2R20130227.JPG

◆予選1回戦3R                  ◆予選2回戦 1R
予選1回戦3R20130227.JPG   予選2回戦1R20130227.JPG

◆予選2回戦 2R                 ◆予選2回戦 3R
予選2回戦2R20130227.JPG   予選2回戦3R29139227.JPG        


◆石井姉妹連携
姉妹連係20130227.JPG


★予選1回戦、2回戦で連勝を飾った石井寛子生徒
石井寛子20130227.JPG
「勝ち方はそんなに良くなかったかもしれないですけど、何としても決勝に進みたいと思っていたので、2連勝を飾れたのは良かったかなと思います。ただ、内容的には70~80%の満足度ですけど(笑)。予選2回戦では妹(貴子生徒)とのワンツー決着だったんですけど、私の後ろにいるんだろうなと思いながらも、まだまだ差させないぞという気持ちでゴールしました。やっぱり、負けたくないですから。今回は世界選(ベラルーシ)から帰国してすぐのトーナメント参加ですけど、どうしてもこのトーナメントには参加したかったし、優勝に向けて頑張ります。ただ、正直なところ疲れはあるので、今日(27日)の夜はしっかりケアして、2日目に備えます」

★予選1回戦1着、2回戦3着の田中まい生徒
田中まい20130227.JPG
「気温は低かったけど、アップオイルを沢山塗っていたし、寒さもそこまで気にならなかったですね。むしろ、バンクはけっこう軽く感じました。1回戦で1着を取れたのは良かったんですけど、2回戦めでは3着になってしまったので、まだまだツメが甘いところがあるなっていう感じですね。1回目のトーナメントでは準優勝だったので、今回こそは優勝したいと思います」

★予選1回戦1着、2回戦3着の猪子真実生徒
猪子真実20130227.JPG
「実はこれが初勝利なんですよ(笑)。普段の競走訓練ではなくて、トーナメントで初勝利を挙げられると思ってなかったので、自分でもちょっとビックリですね。これはすごく自信になりますし、2日目に向けていい弾みになりました。気分的にもテンションが上がりますし、いい状態で2日目を走れそうです。せっかく、こうして初勝利することが出来たし、せっかくなので、頑張って決勝まで勝ち上がりたいですね」

★予選1回戦2着、2回戦1着の山原さくら生徒
山原さくら20130227.JPG
「2回戦めは先行することが出来たし、今日は落ち着いてレースすることが出来ましたね。メンバーを見ての組み立てをすることができたし、少しは頭を使ったレースが出来る様になったのかなと(笑)。今日(27日)は結果も内容も自分の中でボチボチ満足のいくものが残せたんじゃないかなと思います。ただ、今日の2走をは走って、もっとスパッと出切れる様なダッシュ力も必要だなと感じたので、2日目はその辺りも考えながら走っていきたいと思います」

★1回戦は5着ながら、2回戦で1着となった奈良岡彩子生徒
奈良岡彩子20130227.JPG
「2回戦めでは1着を取ることが出来たんですけど、内々のコースを踏んでのものだったので、あそこは外を踏んでいかないとダメですよね。そういう意味では初日(27日)は自分の思い描いていたレースが出来なかったので、そこはしっかり反省して、2日目に繋げないといけないなと思いました。1回戦と2回戦ではあまり褒められるレースではなかったので、2日目は成績は気にせずに、自分の持ち味をしっかりと出し切れるレースを心がけていきたいと思います」

トーナメント競走2日目は午前中に3回戦が行われ、1・2回戦と合わせた成績上位7名が決勝に進みます。卒業記念レース前最後のトーナメントとあって、どの生徒も優勝に向けて真剣な眼差しをしていました。果たして、第2回トーナメント覇者の栄冠は誰の頭上に輝くのでしょうか。