プロデビューを目指す競輪学校生徒サイト

日本競輪学校女子第2回生(第104回生)による第2回女子登坂王決定戦

2012/12/20

12月18日(火)日本競輪学校女子第2回生(第104回生)による第2回女子登坂王決定戦が伊豆サイクルスポーツセンターの1kmサーキットで行われました。
優勝は石井寛子 2位は小坂知子 3位は奈良岡彩子
 *第1回(7月31日実施)の優勝は梶田舞 2位は石井寛子 3位は奈良岡彩子

PC184524.JPG   PC184562.JPG

PC184570.JPG   PC184640.JPG

PC184773.JPG   PC184781.JPG

PC184785.JPG   PC184808.JPG


☆1位 石井寛子生徒(東京)
PC184791.JPG
第1回登坂トーナメント2位、第1回トーナメント競走4位でしたので今日はどうしても優勝したかったから、とても嬉しいです。校長と登坂走路を練習した結果が出たと思います。0スタートではなかなか結果を出すことが出来なかったが、今日の優勝で自信がつきました。しかし104回生も強くなっているので誰と当たっても気が抜けないです。冬帰省ではスピード強化を重点的に練習してきます。

☆2位 小坂生徒(岐阜)
PC184792.JPG
強い104回生の中で2位になれたので、うれしいです。第1回の登坂トーナメントから比べると、だいぶ自転車にも慣れて、脚力も少しずつ付いてきたのかなと思います。“強い選手”になることが目標なので、自分の得意なダッシュを磨きつつ、持久力をつけられるよう冬帰省中は乗り込んで、しっかり練習してきたいです。

☆3位 奈良岡生徒(青森)
PC184794.JPG
第1回登坂トーナメントに続き、決勝に勝ち上がることが出来ましたが、3着という結果は単純に脚力をつけるしかないなと感じました。こういった種目で勝つためにはハイパワー、ミドルパワーが必要だなと思いました。卒業まであまり時間はありませんが、しっかりと脚力をつけ、記録会では自分の記録を更新するのは勿論、102回生の持つ記録が抜けるよう頑張りたいです。