プロデビューを目指す競輪学校生徒サイト

女子スプリントは石井寛子生徒が9位、前田佳代乃選手が7位。残すはケイリン!

2012/10/14

女子スプリントは、各国2選手がエントリーできるので、日本からは石井生徒、前田選手が出場しました。

出場選手は17名。まずはスプリント予選。これは200mタイムトライアルで行われ、上位16名が本戦に進出します。またこの結果により、本戦最初の1/8決勝の組み合わせが決まります。これは、1位と16位、2位と15位という組み合わせで、8組み組まれます。

20121013-SprintQ_maeda.JPG スプリント予選 前田

20121013-SprintQ_ISHII.JPG スプリント予選 石井

この予選の結果が、石井生徒がタイム11秒846で10位、前田選手が11秒677で7位となり、1/8決勝でいきなり日本人対決となってしまいました。勝ったほうが1/4決勝に進出。負けると決勝B戦回りとなり9‐12位決定戦に出ることになります。 

20121013-maeda_Ishii.JPG 20121013-maeda_ishii2.JPG 

(1/8決勝  前田vs石井)

結果、前田選手が先着し、前田選手が1/4決勝に進出。石井生徒が決勝B戦となりました。

 

前田選手の1/4決勝は香港チャイナのリーワイジー選手ロンドンオリンピックのメダリストと対戦となり、2本先取されここで敗退。5位‐8位決定戦に。

20121013-QF_Maeda.JPG 1/4決勝  前田vsリーワイジー

石井生徒は順調に勝ち上がり、9-10位戦では石井生徒の内から行ったメキシコのゴンザレス選手が降格となり、石井生徒が9位となりました。

20121013-FinalB_Ishii.JPG 決勝B 石井 

20121013-9-10.JPG 9-10位戦 石井

 

  前田選手は5位-8位戦に出場し、7位となりました。

20121013-5-8.JPG5位-8位戦 前田

 20121013-5-8.JPG     前田選手は

「7位という結果ですが、次に向けてさらに頑張ってひとつでも上を目指して頑張りたいです。香港チャイナのリー選手(1/8決勝で当たった)は、身近な目標の選手で、彼女が日本に来て練習していた時から知っているし仲がいい選手で、なんとか彼女に近づきたいですね。頑張ります」とコメント。

  石井生徒は

「予選タイムは良くなかったですが、ワールドカップで初めて本戦に出場できて対戦出来たので良かったです。予選タイム(10位)より上に上がれたので良かったです。」

   

個人種目では、上位の選手と比べ、やはり脚力差があり、今後のパワーアップが課題だと思います。

女子スプリントの優勝は、リーワイジー選手。2位はイギリスのレベッカ・ジェームス選手。3位が同じくイギリスのジェシカ・バーニッシュ選手でした。

20121013-SprintAW.JPG

 

最終日はいよいよ女子ケイリンです。石井生徒の活躍に期待したいですね。

 

男子選手は、河端朋之選手がやってくれました!

男子ケイリンで銀メダル獲得!最後の追い込みは強かった!

最終日は男子スプリントです。こちらも応援してください!