プロデビューを目指す競輪学校生徒サイト

2012ワールドカップ・カリ大会最終日は女子ケイリン!

2012/10/15

2012ワールドカップ・カリ大会最終日は女子ケイリン! 

チームスプリントで銀メダルを獲得し、スプリントでは、前田佳代乃選手が7位、石井寛子生徒が9位とまずまずの成績を収めた女子二人。

最終日はケイリンに出場しました。

結果は、敗者復活戦を2選手共に3着で通過し、臨んだ2回戦でしたが、ここは2選手共に惨敗し7‐12位戦に。

ここは、前田選手が積極的に動き、その後ろに石井生徒が嵌る形にはなったのですが、何とが3着に石井生徒が入り、9位。前田選手は12位となりました。

これでワールドカップ・カリ大会の全てのプログラムは終了し、女子はチームスプリント銀メダル獲得と快挙を成し遂げました。

男子もチームスプリント銀メダル、ケイリンで河端朋之選手が銀メダルと好成績を収めた大会となりました。

この調子で、頑張ってほしいと思います!

 

◆女子ケイリンダイジェスト

◇1回戦

第1ヒート

まずは石井生徒。積極的に動いて、最終的に番手確保にいったんですが、力負けで3着。2回戦進出ならず。

第3ヒート

前田選手は、中途半端な感じの競走となり、後方に置かれ6着で敗者復活戦へ。

 

◇敗者復活戦

第1ヒート

石井生徒は、ここも上手く動いて番手確保から、追い込めず3着で二回戦進出。

第2ヒート

前田選手も前々から先行し3着で2回戦進出を決めました。

 

◇2回戦

第1ヒート

前田選手が出場。中団から攻めるも何も出来ず6着で7‐12位戦へ

第2ヒート

石井生徒は後方から残り3周で前に上がり、先頭員が退避すると前に出て、レベッカ・ジェームスの番手飛びつきを狙い成功するが、そこからの脚が無く6着となり、7‐12位戦に。

 

◇7‐12位戦

石井生徒は先頭員の後ろに入り、前田選手は4番手で周回。残り3周で前田選手が動き石井生徒の前に入るとそのまま先行。しかし、スペインのヘレナ・ロヂス、キューバのリサンドラ・ゲレラ・ロドリゲスに行かれ、その後ろに石井生徒が切り替え3着入線。結果9位となった。先行した前田選手は6着入線し12位でフィニッシュとなった。

 

20121015.JPG

1回戦第1ヒートのゴール。前田は6着。

 

20121015 (1).JPG

1回戦第3ヒートのゴール。石井も6着。

 

20121015 (2).JPG

7‐12位戦。残り1周。石井が切り替える。

 

20121015 (3).JPG

7‐12位戦ゴール。なんとか石井が3着入線。

 

20121015 (4).JPG

女子ケイリン1-6位決勝。地元コロンビアのジェリビア・ガリビアが何と優勝!観客席は物凄い盛り上がりを見せた。

 

20121015 (5).JPG

女子ケイリンの表彰。優勝ジェリビア・ガリビア(コロンビア)、2位ダニエラ・ガシオラ・ゴンザレス(メキシコ)、3位バーニッシュ・クリフ(フランス)