プロデビューを目指す競輪学校生徒サイト

ワールドカップ・カリ大会 大会前日レポート 10月10日

2012/10/11

リオデジャネイロに向け、新たなスタートを切る初めの大会が、ワールドカップ・カリ大会です。

日本からの参加選手は、ただいま競輪学校に所属中の石井寛子生徒、またロンドンオリンピックに参加した前田佳代乃選手。男子は、稲毛健太選手、河端朋之選手、坂本貴史選手の5選手。

女子選手は、チームスプリント、ケイリン、スプリントに参加します。

10日は午前9時から練習がスタート。2時間たっぷり練習と思いきや、河端選手のフレームがロストし、何と河端選手は石井生徒のフレームを借りての練習になったため、河端選手、石井選手の練習時間はちょっと足りなかったようです。

 さて、カリのバンクは、柱と屋根があるだけで、壁がありません。ほとんど屋外と同じ感じです。

 そして板張りの250mバンク。風が気になると各選手は言っていました。特にお昼ぐらいから風が強くなるらしく、その辺りがどのように影響するのかがポイントのようです。

11日からいよいよスタート。こちらもレポートしますのでよろしくお願いします。

 

みんなで応援よろしくお願いします!

20121011-01.JPG

ベロドローム内部。

 

20121011-02.JPG

男子選手。

 

20121011-03.JPG

石井生徒。

 

20121011-04.JPG

前田選手。

 

20121011-05.JPG

カリの街を見下ろすキリスト像。

 

20121011-06.JPG

カリの街中の公園? トロピカルな感じですね。

 

20121011-07.JPG

活気があるカリの街。