プロデビューを目指す競輪学校生徒サイト

104回生 第2回記録会

2012/09/26

9月24日、25日の2日間 日本競輪学校では女子104回生、男子103回生の記録会が行われました。自己ベストを更新するものも多く、山原はゴールデンキャップにあと一歩。みんな練習の成果を存分に発揮したようです。

103&104第2回記録会結果.pdf

◆24日は前日の雨もすっかり上がり、晴天のなか記録会が始まりました

午前:200mハロン、400mハロン   午後:1000mTT

28nkgsp25.JPG  30nkgsp25.JPG 
31NKGSP25.JPG  35nkgsp25.JPG
53nkgsp25.JPG  54nkgsp25.JPG 

◆25日は曇り。気温が低めのなか記録会2日目2000mTTが行われました

67nkgsp25.JPG  74nkgsp25.JPG
68nkgsp25.JPG  69nkgsp25.JPG 
21.5NKGSP25.JPG


【石井寛子】(200m 12.18 400m 24.92 ともに1位タイム)
200m・400mで前回の記録会では出せなかったタイムが今回は出せて良かったです。重たいギアがうまく噛み合いました。
1000mTTは最初からのせていくつもりが半周で足が重たくなりました。
2000mTTは調子は悪くないけれど、現在短距離をメインにやっているため足がおちているようです。昨日42秒を目標にしましたが、今日のタイム(2.45.83)が今のベストかなぁと思います。
 

8nkgsp25.JPG

【田中まい】(1000mTT 1.16.12 1位タイム)
200mは目標タイムが出なかったのが悔しかったです。1000mTTは前回の記録会の時よりタイムは縮まったけれど、最低でも15秒台を出したかったです。
2000mTTは、加瀬さんの2分37秒33を目指していましたが、今回は風が強かったこともあり、思うように記録がのびませんでした。卒業に向けて、1期生のタイムを超えられるよう訓練していきます。

52nkgsp25.JPG   94nkgsp2.JPG


◆ ゴールデンキャップにあと一歩
【山原さくら】(200m12.29 400m25.06 1000mTT1.16.36)
200m400m1000mTTともに1位のタイムではなかったけれど、ゴールデンキャップにかかるタイムで良かったです。200mのタイムはベストじゃなかったと悔やまれますが・・・。前回の記録会同様、体の調整はうまくいきました。
2000mTTではゴールデンキャップに届かなくて悔しい気持ちですが、自己ベストを3秒縮められたのが嬉しいです

60nkgsp25.JPG   3NKGs25.JPG
 

【梶田 舞】(2000mTT 2.41.74 1位タイム)
前回の記録会は成績が悪くて、1ヶ月間調子を上げるために気持ちからプラス思考に
なるようにしてきました。練習も全力でやってきました。2000mTTで1位タイムが出せて良かったです。トライアスロンからの転向ですが、今はバンクで走るほうが好きです。
もっともっと訓練して力がつくようがんばります。

競走訓練では先行で1着!先行しか考えない!!でがんばります。

83nkgsp25.JPG 88nkgsp25.JPG