プロデビューを目指す競輪学校生徒サイト

第104回生第1回記録会

2012/08/23

8月21日22日の2日間 日本競輪学校では第104回生第1回記録会が行われました。同日程で行われた男子103回生の記録会では杉森輝大(茨城)生徒が史上10人目となるゴールデンキャップを獲得。夏季帰省中の練習成果がでる第1回記録会。皆頑張ったようです。

 記録会1.jpg   記録会2.jpg

◇21日午前中は南400ピストで200mハロン400mハロンの記録会。午後は333mピストで1kmタイムトライアルを行いました。

午前中は200mハロンと400mハロン

記録会①.jpg  記録会②.jpg

高知の山原さくら生徒が1位の記録。タイムは200mが12,23 400mタイムは25,11でした

★山原さくら生徒

「高知に戻りましたがバンクには入らず父親と朝夕街道練習に明け暮れました。街道でも午前午後に何回ももがいた結果が出たのだと思います、父親もこの結果に喜んでくれると思います、でも自分の欠点は地脚がないことで1km、2kmが不安ですが一生懸命頑張ります。」

 記録会6.jpg

 

◇午後は場所333mピストに移して1kmタイムトライアルを行いました

 記録会7.jpg   記録会9.jpg

千葉の田中まい生徒が1分16秒49で1位の記録。

★田中まい生徒

「1kmのタイムはベストタイムです、嬉しいです地元千葉では父親の指導で毎朝練習をした成果だと思います。父親に感謝します。この勢いで2kmも頑張ります」

 記録会10.jpg

◇22日は333mピストにて2kmタイムトライアルが行われました。

2kmタイムトライアルの記録は加瀬加奈子選手(102期)の2分37秒33 このタイムを目標に104回生はアタックします。

 記録会18.jpg   記録会20.jpg

結果1位の記録は梶田舞生徒(2分40秒33)でした。2位は田中まい生徒(2分40秒81)。

★梶田舞生徒

「前回入校時は全て(200 400 1km 2km)でベストが出て今回ゴールドキャプを狙っていましたが、夏季帰省の時に体調を崩してしまい自分をコントロールできませんでした。今回の記録会ではそれが学べたことが勉強になりました。早く体調を元にもどして頑張ります」

 記録会21.jpg

 

◆記録会の様子  

記録会3.jpg  記録会4.jpg

記録会5.jpg  記録会8.jpg

  

記録会11.jpg  記録会13.jpg

記録会12.jpg  記録会14.jpg

記録会15.jpg  記録会16.jpg

記録会17.jpg  記録会19.jpg