プロデビューを目指す競輪学校生徒サイト

女子第3回生・小林優香生徒 3種目での女子競輪学校記録更新および 3回連続ゴールデンキャップ獲得について

2013/09/25

 日本競輪学校(静岡県伊豆市)において9月24日(火)~25日(水)に実施された「第106回生徒 第2回記録会」で、小林 優香(福岡)生徒が「試走記録会」「第1回記録会」に続く、3回連続となるゴールデンキャップを獲得しました。
 また、400mFDで24秒08となり、石井寛子選手(第104期)の持つ女子競輪学校記録を更新し、1000mTTでは1分12秒65となり、自身の持つ学校記録を更新し、2000mTTにおいても2分33秒85のタイムにより、加瀬加奈子選手(第102期)の持つ学校記録を更新し、3種目において競輪学校記録を更新しました。
 200mFDでは11秒94となり、石井寛子選手の女子競輪学校記録11秒93に迫りましたが、惜しくも記録更新は成りませんでした。 

○小林 優香生徒が達成した記録
5月10日(金)~11日(土)試走記録会
女子生徒史上初および適性試験入学者初にして、史上11人目となるゴールデンキャップ獲得

7月29日(月)第1回記録会
1000mTTにおける女子競輪学校記録更新(1分12秒98)

7月29日(月)~30日(火)第1回記録会
史上初の個人2回目のゴールデンキャップ獲得

9月24日(火)第2回記録会
石井寛子選手の持つ400mFD女子競輪学校記録を更新(24秒08)
自身の持つ1000mTT女子競輪学校記録を更新(1分12秒65)

9月24日(火)~25日(水)第2回記録会
加瀬加奈子選手の持つ2000mTT女子競輪学校記録を更新(2分33秒85)
3回連続のゴールデンキャップ獲得



○小林 優香生徒 コメント
 「第2回記録会の目標は、ゴールデンキャップ獲得はもちろん、前回の記録会でのタイムをすべて上回ることでした。ゴールデンキャップを獲得することはできましたが、昨日の200mFDで学校記録を更新できなかった悔しい思いもあります。次の記録会はまだ先ですが、今回以上の結果が出せるように、日々の訓練を頑張っていきたいと思います。」

○小林 優香生徒のプロフィール
氏名   :小林 優香(こばやし ゆうか)
生年月日 :平成6年1月18日
年齢   :19才
登録予定地:福岡県
最終学歴 :私立 佐賀女子短期大学(在学中)
主な競技歴:H22.8 全国高等学校総合体育大会 バレーボール 予選敗退
※適性試験により日本競輪学校合格

○能力区分基準タイム(女子)
 本校では、試走記録会を含め年4回ほど実施される記録会の成績によって、下記の基準に基づき、訓練時に着用するヘルメットキャップの色が決められています。白・黒・赤・青については記録会毎の能力区分によって本校から貸与されますが、ゴールデンキャップは本人に授与されます。 
 
 
能力区分基準タイム(女子)
評価 帽色 200m 400m 1000m 2000m 備 考
12.50
以内
25.60
以内
1.16.50
以内
2.42.00
以内
スピード、持久力共に優れている者
13.00
以内
26.50
以内
1.20.00
以内
2.50.00
以内
13.00
以内
26.50
以内
    スピードに優れている者
    1.20.00
以内
2.50.00
以内
持久力に優れている者
上記以外の者  



○第2回記録会(9月24日~25日)の小林 優香生徒のタイム
200m 11秒94(1位)
400m 24秒08(1位)
1000m 1分12秒65(1位)
2000m 2分33秒85(1位)
   
【参考】
第1回記録会(7月29日~30日)の小林 優香生徒のタイム
200m 12秒13(1位)
400m 25秒00(1位)
1000m 1分12秒98(1位)
2000m 2分37秒41(1位)
 
試走記録会(5月10日~11日)の小林 優香生徒のタイム
200m 12秒10(1位)
400m 25秒37(1位)
1000m 1分15秒58(1位)
2000m 2分37秒64(1位)
 
参考記録(ゴールデンキャップ一覧・学校記録)はこちら