プロデビューを目指す競輪学校生徒サイト

日本競輪学校第106回(女子)生徒 入学試験の応募状況について(一般試験)

2012/09/20

 

日本競輪学校(校長 滝澤 正光 タキザワ マサミツ)は、第106回(女子)生徒入学試験の実施にあたり、7月5日から8月31日の期間、生徒募集(募集人員は20名程度)を行ったところ、全国から48名の応募がありましたのでお知らせいたします。
 なお、第1次試験は、技能試験を10月11日(木)に、適性試験を10月10日(水)にそれぞれ日本競輪学校において実施する予定です。
 
 

また、応募者の概要は以下のとおりとなりました。

 

(第106回生(女子)応募者)

  1. 応募者の平均年齢は技能試験が27.8歳、適性試験が24.8歳、全体では26.5歳であった。また、応募者の最高齢者は技能試験が49歳、適性試験が43歳(年齢は平成25年4月1日現在)である。
  2. 自転車競技以外のスポーツ競技大会において優秀な成績を収めた者を対象とする適性試験の第1次試験免除者は4名であり、スピードスケート、ビーチバレー、空手の経験者からの応募である。
  3. 技能試験においては、試験免除制度を設けていない。
 
〔参考〕 日本競輪学校第106回(女子)生徒入学試験スケジュール
  第1次試験 〔技 能〕

平成24年10月11日(木)

  第1次試験 〔適 性〕

平成24年10月10日(水)

  第1次試験合格発表  

平成24年11月2日(金)

  第2次試験 〔技 能〕 平成24年11月20日(火)
  第2次試験 〔適 性〕 平成24年11月20日(火)~21日(水)
  最終合格発表   平成24年12月20日(木)

〔資料〕

日本競輪学校第106回(女子)生徒入学試験(一般試験)応募者状況PDF
 

 ※特別試験(オリンピックや世界選など世界を舞台に優秀な成績を収めた者が対象)の応募期間は、平成24年7月5日から10月10日までとなっており、本日現在応募者はおりません。